コードで音が変わる

先日、PC本体とスピーカーを繋いでいた延長コードがブーというハム音の原因であることがわかった。
数年前に百均で購入した延長コード
短い長さだしPCのスピーカーなので音もさほど気にする必要もないので百均のを使っていた。
今回調子が悪くなったので買い換えなければいけなくなった。
数倍の値段はするものの、久し振りにオーディオメイカーの品物で繋いでみることにした。

繋いでみて、音が出るのは当たり前なのだが驚いた。
2015年9月6日の「渡辺貞夫 Nightly Yours Monthly Live Sadao meets Kei Akagi Trio」
の音源の1曲目「Nard's Time」のはじめに貞夫さんと多分ケイ赤城さん の会話が入っているのですが、前のケーブルではもごもごとしてよく聞き取れなかったのですが、新しい延長コードでは、はっきり聞こえるではありませんか。
考えてみれば当たり前ですね、昔はアンプを買い換えるのは不可能なのでスピーカーコードを変えたり、シェルのコードを変えたりしていたのですから。
それにしても、この長さでこれだけ変化をするのか、と言う思いです。





Stuff の不明音源

前からいつの音源かわからなかったStuffの音源、昔の新聞の番組表を見て謎が解決しました。
このテープの音源、B面の録音日が1979年の11月だったのです。
このStuffの録音の内容は以下のようなものでした。

This One's For You        ”More Sutff”より
Mc:星勝、所太郎
M-1       佐藤ヒロシ:曲
Mc:星勝、所太郎
Sea Horse   深町純:曲
LOVE OF MINE / あこがれの君  ”More Sutff”より
Mc:星勝、所太郎
M-2
Mc:星勝、所太郎
The Harder They Come   Jimmy Cliff:曲
Mc:星勝、所太郎
Evening Star   深町純:曲

話の内容からすると、どうも正月付近らしいことがわかりました。
そして後の番組名("名曲の楽しみ"と番組欄にはあるのだが、テープを聴いていると”名曲が楽しみ”と聞こえる。)から、放送日が土曜日らしいと言うことも突き止めて、78年から81年くらいまでの1月の新聞を探しましたがありませんでした。
諦めて帰ると決めて番組表を眺めていたら、1978年の1月14日にありました。
朝日新聞には、スタッフ・ライブ、他の新聞はスタッフとなっていました。
ライブと行っても、モア・スタッフからの曲もあり、放送されたものも星勝さんがスタジオ録音したもののようでこれがライブと言えるのかどうかわかりません。

深町純の「Sea Horse」「Evening Star」は演奏者がスタッフのメンバーかどうかわかりませんが”Sea Horse”というCDで聞けると思います。

放送としては、星勝さんの話の合間に音源を聞くというものです。
曲はそれなりに聞かせてくれますが、フィードアウトしているので曲の最後まで放送しているのかわかりません。
ただスタッフの演奏が聴けるので喜んでいます。




東京ジャズ2017の音源整理終了!

今日は暑い、昨日は夏日のところもあったみたい。
昨年9月と正月の放送をまとめたCDがやっとこさ完成!
アル・ディ・メオラの演奏は、9月の生放送にも、正月の放送でも1音も聞くことができなかった。
そのため、9月2日の分のCDは5アーテスト分となり、5枚のCDに納めることができた。
H ZETTRIO with special guest 野宮真貴の演奏がちょうど7時のニュースのため中断後放送されず。
・東京は夜の7時 / 野宮真貴
・男と女 / 野宮真貴
・スイートソウルレビュー / 野宮真貴 途中からニュース
だった。
「・東京は夜の7時 」は、入っていたので良とするか。

9月3日分は、6アーテストなので6枚のCDにすればと言うことも考えたが、CDケースが10枚入りなのでここは5枚にした。
「Shai Maestro Trio guest Camila Meza」と「Senri Kawaguchi TRIANGLE featuring Philippe Saisse & Armand Sabal-Lecco」を一枚にして。
・JAZZ100年プロジェクト directed by 挾間美帆
・Chick Corea & Gonzalo Rubalcaba
・Ron Carter Quartet
・Sadao Watanabe CALIFORNIA SHOWER 2017 featuring Dave Grusin,Lee Ritenour,Peter Erskine,Tom Kennedy
はそれぞれ一枚のCDにして
合計十枚とした。
それにしても昨年の9月から半年以上かかっての完成となる。
「JAZZ100年プロジェクト directed by 挾間美帆」は、迫力満点のようです。
一昔前なら、これらのコンサートのCDやレコードが出ていたはずなのにと思っています。

東京ジャズ2017


東京ジャズ2日目の音

東京ジャズは、金・土・日と3日間のようですが、毎年録音しているのはいつもメインステージのみなので2日間と考えています。
今年は、渋谷に移ったとかで(遠くに住んでいるものには、結局東京という地域なのですが・・・)
当然会場も変わったわけです。
放送を聴いていて正月に放送された2日目の音源を聴いていると、昨年9月に放送された1日目の音源と比べて暖かいというか熟成されたような感じに聞こえます。

冬、ビルの中に入ると同じ気温でも月曜日は肌寒く、火曜日あたりから良い感じになると言うあの感じです。
多分、1日目の演奏が壁の中まで染み渡り、分子レベルで音を良い響きにしているのだと思います。
かなり主観的な感想ですが、そんなことを思いながら編集をしています。
勿論お客さんが温めていることも関係していると思います。
そして、スピーカーの前で温めているリスナーも



プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ