第28回Nangou Summer Jazz Festival 2017

昨日夜の9時前に「第28回Nangou Summer Jazz Festival 2017」終了しました。
多分こんなことは今までに無かったと思います。
振り返ってみると

開場も入り口が二つあるためだと思いますがカウントダウンをしていました。
  • 司会は南郷ジャズフェス最高の14回となる。バードマン幸田さん。
  • オープニングは、地元のバンド、小学生、中学生、一般。デビットマシューズwith八戸ジャズ楽団、の4グループ。
驚いたのは、小学生のバンドの上手なこと、昨年までの中学生のバンドの上手さに驚いていたのですが、きっと今まで南郷村、八戸市が”Nangou Summer Jazz Festival"を続けてきた事がこの様な事になっているのだと思います。
デビットマシューズwith八戸ジャズ楽団の「スペイン」(勿論チックの曲)で中学1年生のサックスが全体をリードして演奏するなどとにかく若者が素晴らしい。
この楽団、オーケストラと言わずに楽団と名乗っていることもいいなと思いました。Tシャツにも”HACHINOHE JAZZ GAKUDAN”とプリントされていました。
  • 第一部 類家心平sextet
  • 第二部 沙理quartet
これは趣味の問題なのですが、どちらも音質というかその辺がちょっと違うなと思って聴いていました。
  • 第三部 熱帯JAZZ楽団
多分名前は聞いたことはありますが、聴くのは初めてだと思います。勿論生の演奏は初めて
もう最初から飛ばして、1階?のイス席の皆さんは ほぼ立ち上がって体を揺すりながら聴いていたようです。
まだ次があるのにこんなに盛り上がって良いのかな?と言うくらいの盛り上がりでした。
  • 第四部 渡辺貞夫 Group2017
前の”熱帯JAZZ楽団”であまりにもヒートアップしたので、大丈夫なんだろうかと心配をしていましたがさすがにナベサダサウンドで会場の雰囲気を変えてしまいました。
今年は、東京ジャズで、デーブ・グルーシン、リー・リトナーと共演すると言うことでグルーシンの曲なども演奏していました。
いつもの”Life Is All Like That”でメンバー紹介をして終了と思いきや、本日の出演者をステージへ呼んで演奏・ソロを繰り広げました。ここでの沙理のスキャットは良かったと思います。
これで本日の全演奏はおしまいと思っていたら、渡辺貞夫Group2017のメンバーのみで「花は咲く」のアンコールが・・・・
開場から”ありがとー”の声が聞こえました。

今年は出口がいつもの反対から出てきたからか、南郷地区のおばさんが”来年も来てください”と声を掛けていただき、来年も来るぞと思いながら開場を後にしました。

今年の夏の第一部がこれで終了です。
デジタルによる強制的な音の切り取りの無い演奏を聴いて体調体力も少しは回復するのだと思います。
Nangouの森林に囲まれたステージからのメッセージ、多分ハイパーソニックエフェクト効果があると思っています。

デイリー東北新聞 によれば「東北最大級の野外ジャズイベント「第28回南郷サマージャズフェスティバル2017」が29日、八戸市南郷のカッコーの森エコーランドで開かれた。日本を代表するサックス奏者の渡辺貞夫さんらプロ4組と、アマチュア4組の計8組が熱演。全国各地から集まった約2300人が軽快な音色に聴き入った。」と言うことですが写真は”熱帯JAZZ楽団”になっていました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ