1974年のモントルージャズフェステバル

このときの放送は、1974年12月20日に放送されたもののようです。
テープのメモには、”1974年12月”としか書かれていないので、図書館へ行って調べてみると12月20日の放送と判明しました。
新聞によれば、1974年12月20日18:30~21:00
番組欄の記事は
「モントルー・ジャズ・フェステバル'74①
二夜連続で、ヨーロッパ最大のジャズの祭典”モントルー・ジャズ祭”から話題の名プレーを聴く。曲は『イッツ・オールライト(マディ・ウオルターズ)』ほか スイス放送協会提供の録音テープ」
となっていました。
翌日のモントルー・ジャズ・フェステバル'74①では、ソニー・ローリンズ、アイアート・モレイラ、ロン・カーター等の演奏が放送されたようです。
但し手元にある音源はモントルー・ジャズ・フェステバル'74①の後半90分分のみです。
この放送は、青木拓をゲストとして、小林克也がMcをしています。
が完全に演奏の邪魔にならない解説をしているのが非常に聞きやすい内容です。
となると、演奏だけのCDを作成するのももったいないし、かといっていつものように資料的に、曲の後ろにまとめて音源を保存しておくのももったいないので、2種類作成しようかと考えています。
曲だけにすれば、CD1枚に全部収録できそうです。
あとは、テープからそのままの音源で2枚と言うことになります。

CMもスコッチの提供で、これまた小林克也が原稿を読んでいるという凝ったもの、がこれも自然と入ってくる。
CMを聴いていていると、所々に2万Hzと言う言葉が出てきます。
この時代、2万Hzを出すことがオーディオのステータスだったのかもしれません。
ハイパーソニックエフェクトと言う言葉に触れたものとしてはちょっと複雑です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ