スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1974年のMy Dear Life 里帰りしたピアニスト 菊地雅章を迎えて

「サダオ旧友に会う」は、多分最初の1曲くらい録音できずに途中からの録音と思われます。
が、今回はびっちり演奏のみです。
音楽以外は、Mcの伊武雅刀の「Now's The Timeでした。」という2秒のみです。
曲の頭も、曲紹介の後すぐテープを回している雰囲気が伝わってくるというスリリングなものです。
当時はこんな風に緊張感を持って録音していたものです。
何せ番組は1時間、テープは45分ですから、Cm、Mc をどれだけカットするかがということです。

M17356A.jpg
里帰りしたピアニスト菊地雅章を迎えて
1974年8月10日 0:00~1:00 FM東京
菊地雅章(p)、Juini Booth(b)、Eric Gravatt(ds)、渡辺貞夫(as,fl)
曲目は
1.Just Friends
2.Now's The Time
3.I Thought About You
4.Scrapple from the Apple
の4曲、最後の”Scrapple from the Apple”は頭の部分が急にテープを回したScrapple音、終わりはテープが無くなって終わるScrappleと、テープまで演奏に見方をしていました。
M17356B.jpg


スポンサーサイト

コメント

Re: チックを迎えてについて

多分マイディアラフの音源のことだと思います。
データは、下記のブログの内容以上のことは残念ながらわかりません。

http://tukinnotomp.blog107.fc2.com/blog-entry-89.html

ただ「ラ・フィエスタ」は入っていないようです。
もしかしたら、途中から録音したのかもしれません。

「1974年3月2日
渡辺 貞夫 My Dear Life
Guest  Chick Coreaを迎えて

01Narration
02ONCE AGAIN :Chick Corea
03Narration
04TANZA FRILLS :渡辺 貞夫
05Narration
06Children’s Song 6 :Chick Corea
07Narration
08Children’s Song 5:Chick Corea
09Narration
10Children’s Song 3:Chick Corea
11Narration
12Mt.Fuji :Chick Corea
13Narration
14NO TITLE :渡辺 貞夫
15Narration
16Windows :Chick Corea
17Ending


Chick CoreaをGuest.迎えての演奏である。
コマーシャルが、少なかったようで、録音時間いっぱいの演奏である。
そのため、ミュージシャンが不明である。
通常、ミュージシャンと演奏曲目が、最後にアナウンスされるのだが、途中でテープが切れていいる。」

以上が、CDを作ったときのメモです。
非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。