mp3をwavへ



マイ・ディア・ライフの2枚目のCDの作成過程でとんでもないことに気づきました。
なんと、録音形式が”mp3”だったのです。
幸いにもこのソフトで作ったCDはまだ「サダオ旧友に会う」のみでしたので、録音をし直しました。
CDに焼き付ける際は”WAV”形式になっているので、CDになってしまうとこのミスが発見できなくなってしまいます。
”Roxio Creator NXT 5”は初期設定で”mp3”になっているようです。
録音は、”Sound Editor”でしているのですが、録音時の保存形式が初期設定”mp3”とは知らずに録音していました。

先日完成させていた「サダオ旧友に会う」は”mp3”で録音したものを”wav”形式でCDを作成していたと言うことになります。
CDの保存形式がwavだからといって決して圧縮された音が元に戻るわけでは無いので再度録音し直したというわけです。

再生された音を聞くとやはり違います。写真で言うと質感のある写真とそうで無い写真という感じの違いです。
音に丸みのあり、つやがある感じの音が、丸みがある、と感じるくらいの違いだと思います。
意識して聞かなければわからない違いなのだと思います。
音の劣化はどうしても防げないものだと思います。
生演奏>プロ用のアナログ録音>放送>アナログ録音>デジタル録音
と、こんな感じになってしまうと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ