キーキー鳴り

以前にも何回か書いているが「キーキー鳴り」の現象
今1974年のMy Dear Life の音源をCDにしているところです。
例によって「キーキー鳴り」が起こりました、以前の比べればさほどの音でもありません。
とりあえずちょっとシリコンのを付けて録音してみました。
AZ(エーゼット) 滑るグリーン420ml (シリコンスプレー・シリコーンスプレー) AZ730

脱脂綿に少量ひたして摩擦面に塗りつけます。
量が多すぎると滑って(スリップ)しまうとのことでしたので慎重に少しずつ塗り付けていきます。
1本のテープに塗るのは根気のいる仕事です。
なんとか終わり再生するとかすかに「キーキー鳴り」が聞こえます。
気にしなければ気にならない程度だったので妥協して録音してみました。

最近FMの録音をしても調子が悪く音質も悪かったので一応オーディオでチェック。
まあまあの音、こんなものだと思いつつ聞いていたのですが、コマーシャルのところで「キー」という音がかぶさっている箇所があり、さらにその後の部分が明らかに音が割れています。

それで、もう一度、シリコンをテープにこすりつけて録音してみました。
これをオーディオで再生すると思わぬ誤算が、ピアノの音が水たまりの水滴のように「ピン」となります。
ナベサダのサックスの音が前は、バックの音に埋もれていたのが、クッキリとした音になっていました。
多分それぞれの音がきちっと鳴ってきたのでと思います。
それでも、ほんとうにかすかに「キーキー鳴り」がしていました。

こんなに違うのであればもう一度、シリコンを塗って録音し直したいと思います。
理屈では「キーキー鳴り」はテープを振るわすのでその振動がヘッドに伝わるのだと思いますが、まさかこんなにはっきりと影響が出るとは!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ