ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Yearsとハイパーソニックエフェクト

映画ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years
席はほぼ中央あたりの席で観た。
本当はもうちょっと上の席が良かったのかもしれない。
映像は目線が少し下向きの方が良いのかもしれない。
映画をあまり見にあのでその辺は不明だが・・・

前のブログでも書いたが音が良い、これはもしかして耳に聞こえない高周波数も出ているからではないか、体全体で感じているわけであるからこの状態ではハイパーソニックエフェクトの状態を体験していると言ってもいいのだと思う。
非常にリラックスできたし、コンサートの後のように視力も良くなったような気がする。
この時代、映画が家庭の映像や音響環境と同じと言うことはないと思う、当然それ以上の性能で普通の家庭では絶対実現できないような状況なのだと思う、そうで無ければ映画好きの人は自宅でゆっくり映画を楽しむことになるだろうと思う。
今、映像の話を書いていて、”ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years”の映像の悪さというよりは当時の映像をできるだけそのままに使っているからだと思うので好感が持てた事がある。
コンサートで顔がアップになると粒子が現れるという時代を感じさせる映像だった。照明を使っているとは言え映画に撮るには暗すぎる環境なのだろう、露出を解放してアップにするとあのような映像にならざるを得ないのだと思う。
現在のデジタル技術であれば綺麗に撮影できるのだろうが・・・・。
と、
音の話しに戻って、当時の音源はアナログで当然そのまま録音すれば必要の無い(と思われていた)超高周波も録音されていたことだろうからこれをそのままデジタルに変換していればハイパーソニックエフェクトの完成と言うことになるのだと思う。
もしそうで無くても
「・・・・・実験に参加する被験者ごとに、『背筋がぞくぞくする』あるいは『身震いする』ほど強力な音楽刺激として働きかける曲目とその中の箇所とを申告させた。・・・・・・・・・・・・音楽を聴いていて「身震いする」ような感動が得られたときに神経活動が高まることが示されたのは、ポジティブな感情をもたらす脳の報酬系、すなわち脳幹に属する中脳、前頭葉、前帯状回などである。逆に扁桃体など負の感情に関わる脳の懲罰系では、活性が抑制された。すなわち音楽がもたらす感動は、報酬系を活性化するとともに懲罰系を抑制するという「飴と鞭」の作用として発現することを、人間において見事に実証したといえる。」というロバート・ザトーレの研究もあるようだから。
もしその音源に超高周波が含まれていなくても、大好きなビートルズの感動する曲が連続して流れているわけだから、これはポジティブな影響を脳に与えていることには間違いない。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ