最近コンサートが盛んなわけ

最近コンサートが盛んなような気がする。
昔は、コンサートがこんなに盛んでなかったように思う。
レコードを聴いて、満足してコンサートに行かなかったりしていたような気がする。
コンサートに行くなら、レコードを多く買た方が良いとなどと考えていた。
コンサートは1回きりだが、レコードは何回でも聴ける。
と言うような、理屈だったと思う。
勿論、お金が十分にあれば両方ともと言うことなのだろうが。

ハイパーソニックエフェクトから考えてみるとこの様な考えも成り立つのでは無いか。
1.耳に聴こえない高周波が基幹脳を活性化し音の魅力を高める ~ハイパーソニック・エフェクトの発見~ 」にあるように。
超高周波と同時に音楽を聴いていると、「領域脳血流の増大、脳波α波の増強、免疫活性の上昇、ストレス性ホルモンの減少、音のより快く美しい受容の誘起、音をより大きく聴く行動の誘導などに及びます。」
と言う現象と関係しているのでは無いだろうかと考えた。
下の図のように、アナログレコードで聞いている文意は、音源、再生装置によりばらつきがあるだろうが、超高周波も含まれていて生の演奏を聴くのに近い状態にあったのでは無いだろうか。その差が小さかったので勿論コンサートに行きたいのだがその欲求が抑えられていたのでは無いだろうか。

スライド2
対してCDである。
これは見事に、その規格から22.05kHz以上の音は再生されないことになっている。
そうすると脳は、ネガテブな反応をする。
と言うことは、CDで音楽を聴くとストレスがたまり、それを解放するためにコンサートに行きたくなる。と言うことになるのでは無いだろうか。

スライド1



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ