スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりのザイロフォークスのコンサート

本当に久しぶりのコンサートだった。
スカンクさん、ゴリラさん共に、アメリカでの仕事が忙しくて日本に来れないと言うことを聞いていたので、
もう彼らの演奏を聴くこともないだろうと考えていたのですが、
3月29日仙台市の日本聖公会仙台基督教会 で行われました。
今までは、ザイロフォンのスカンクさん、ベースのゴリラさんの演奏ですが、今回はピアノの犬さんと言うトリオの演奏でした。
演奏後、アメリカで発売されているCDにサインをいただいたのですが、ピアノの犬さんは、日本語で「犬」とサインをしてくれました。右上の点はハートマークでしたが。
さて今回の演奏も録音させていただきましたが、今までで一番クリアーに録音できたと思っています。
それにしても、ピアノが入っただけで音の雰囲気はとても違ってくる物です。
ザイロフォーンの音は、直接耳に飛び込んでくるような音ですが、ピアノが加わるとその音にちょっと柔らかい覆いが被さったような感じがします。

今回はいつもの演奏の他に、スカンクさんのタブラの演奏も披露されました。
おもしろかったのは、コール・アンド・レスポンスの要領で、最初に演奏するメロディーを口ずさみそのメロディをタブラで再現するというやり方です。
昔この様な演奏をテレビで見たことが有り、それがとてもおもしろかったのですが、これが目の前で再現されるなんて思ってもみませんでした。
それと、犬さんとゴリラさんの演奏非常に良い演奏でした。
子供さんが多かったためか、ディズニーの「いつか王子様が」でしたが、演奏は大人が十二分に満足できる演奏でした。
ゴリラさんのベースから入って、そうです。マイルスの「Some Day My Prince Will Come」を連想させる演奏でした。
マイルスのトランペットが聞こえてくるような・・・
その後、犬さんのオリジナルが、これにはスカンクさんがタブラで参加をしています。
曲名はわかりませんが、マイナーなメロディのとても良い曲でした。

S0464046小



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。