スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANNA SISE のBUT BEAUTIFUL

このCDは、CDショップで流れていて買ってしまったCDだ。

題名の「バット・ビューテフル」この曲は、笠井紀美子のレコードで聴いた曲であり、たぶん最初の頃買ったレコードで何回も聞いている。
それと比べて、こんな歌い方もあるのかと思い、新鮮に感じてしまった。
「But Beautiful」と歌うところが、笠井のものより、ふわっとしているような気がする。

「Bye Bye Blackbird」この曲は、あまり激しくブローはしていないが、バックとのボーカルがマッチングしていて、それなりに楽しませてくれる、感想の演奏がいい。

「Suzanne」この曲は、ロバータ・フラックで知っているが、この曲もロバータとは違い、軽くしっとりと歌っている。そしてそれは、何か心の中までしみこむような歌い方だ。

このCDバックがしっかりして味わいのある演奏をしていると思ったら、ピアノに”ヤン・ラングレン”とクレジットしてあった。

疲れて、音楽を聴きたいけれども、激しい曲では負けてしまいそうだし、その反対のソフトすぎる曲では、物足りないし、というときの、この演奏もしっかりしていて、独特の気張りすぎず、さりとて語るべきことは、はっきり言っているようなこのボーカル。
聞く価値があります。


バット・ビューティフルバット・ビューティフル
(2007/10/31)
アンナ・シセ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。