スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアチェックでハイレゾ??

昨年、ハイパー・ソニックエフェクトの講義を放送大学で聴いてから、CD作りに何となく打ち込めないでいた。
しかしよくよく冷静に考えてみると、サンプリング周波数の件は別にして、音の範囲の周波数については問題ないようだと言うことを最近考えるようになってきた。
CDを作っているのは、基本的に昔録音したエアチェックの音源である。
ネットで調べていて下の表を見つけた。

「AM放送とFM放送」
その一部
無題3

この表からわかるようにFM放送の音の範囲は(50Hz~15,000Hz)とCDの音の範囲内になっている。
ということは、ハイレゾには遠く及ばない。
元々録音されていない乙之子とで悩んでいたわけだ。
勿論「ハイパー・ソニックエフェクト」の効果など期待できる範囲ではないということになる。
ただし、好きな演奏を聴いているのであるから、体が活性化するということになると思う。

エアチェックをしている限り、電波を送る側がハイレゾにしてくれない限り、ハイレゾは望めないというわけです。

今までだって、エアチェックのいい演奏には感激していた。
これからも、その精神で行こうと思う。
今年はあと1週間くらいしかないが、来年は残っている音源を早くCDにしたいと思う。
ハードが壊れる前に、全ての音源をデジタルに!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。