レコードプレイヤーのふたの故障!

レコードプレイヤーのふたを支えるヒンジが、2011年3月11日の地震で壊れたままになっていた。
たぶん1年以内くらいに、レコードプレイヤー自体は修理に出して帰ってきたのだが、ふたの部分の故障は部品がなく直す手立てがないので埃がかぶらないように、使うたびにふたを外すか、風呂敷を掛けて埃から守る、ことなどのアドバイス?を頂修理は終了。
しかし、どちらの方法も面倒なのでアナログレコードとは、ほぼ完全に関係が断ち切れていました。
アナログ音源を聞きたいと再び思い始めたのは昨年、「ハイパーソニック・エフェクト」の話を聞いてから思い始めたのですが、面倒だということでほぼ1年が経過しました。
今回は、ヒンジを自分で接着したがうまくいかず。
そう超していると、ちょうど車検もあったので車屋さんなら、壊れたヒンジ(金属かプラスチックか素人には判断しかねたので)野接着が可能かと思い相談してみたがこれもだめ。
ダメ元でオーディオの修理屋さんへ行ったが、自信を持って修理できない(部品がないし接着もできない)という結論。
またまたダメ元で、DIYの店に行ってあるはずのない部品の相談をしました。
ドア用のヒンジもあるにはありましたが、レコードプレイヤーのふたを支えるような部品はありませんでした。
店員さんが親切だったんで、これはどうかなどとしているうちに、アイディアが

修理の説明
☆ふたの金具の取り付け箇所にドリルで穴を開けます。(このとき割れないように注意をして開けてください。)
☆本体についている、ヒンジの受けの部分を外します。
☆丁番は、270度で止まるものを選びます。大きさは、ふた本体の徒明知と考えてください。
☆曲り板は、ふたの負担を減らすためのものです。丁番の穴の位置と併せてください。
☆ねじ、ワッシャー、ナット、スプリングワッシャーはふたを金具で止めるためのものです。スプリングワッシャーを使用したのはふたがプラスチックのためあまり強く締め付けられないので使うことにしました。
☆本体との固定は、丁番についてきた木ねじを使用しました。


本体が木製ですので簡単
WAKI 義星丁番 剣 64mm 500601700WAKI 義星丁番 剣 64mm 500601700
()
和気産業

商品詳細を見る

丁番は、270度開くと止まるものを選ぶ。
ハイロジック 曲板 15チドリ×100mm F-326ハイロジック 曲板 15チドリ×100mm F-326
()
ハイロジック

商品詳細を見る


04プレイヤー

購入の際はサイズに注意してください。
プレイヤー本体持ち込むのは大変なのでふたのみ持ち込み部品を選びました。

01プレイヤー

こんな感じです。当然プレイヤー本体についている、ヒンジの受けはとり外してこれを取り付けます。

ここで終了と考えたのですが、ふたを開けたときの衝撃に耐えられるか不安になりました。
ので金折とクッションを使い衝撃を和らげることにしました。
☆金折はふたの大きさ(深さ)をカバーできるものを選びました。
☆クッションは、スポンジに接着テープのついたものを選び金折に貼り付けました。



ハイロジック ユニクロ金折金具 50mm Q-008ハイロジック ユニクロ金折金具 50mm Q-008
()
ハイロジック

商品詳細を見る

ふたの部分を全て支えられる長さが良い。片方長いのもあります。
東京防音 天然ゴム 発泡スポンジ板(粘着付) NS-100 100mm×100mm×厚5mm 1枚東京防音 天然ゴム 発泡スポンジ板(粘着付) NS-100 100mm×100mm×厚5mm 1枚
()
東京防音

商品詳細を見る

金折のふたとの接触面にこれを張りクッションにする。
302プレイヤー


50プレイヤー
これで完成

おまけに、ふたの部分のクッションです。
光 溝スポンジ巻6.8×12mm KSV3-35W 35m光 溝スポンジ巻6.8×12mm KSV3-35W 35m
()


商品詳細を見る

ふたを閉じたときのクッションです。ただし、ネットでは切り売りはしていないようです。DIYの店で切り売りで手に入れてください。
02プレイヤー


あきらめていたレコードを快適に聴くことができるようになりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ