配色の勉強

CDのジャケットを作成していて、絵が描けない、配色ができない。
簡単に言うと美的センスがないと言う事になるのだろう。
本当に困る。
ジャケットには基本的に、カラー写眞を使っているので、読めるように文字を入れるのは旦変なことなのです。
街に出て写眞を使ったポスターに文字が入っているのを見ると、
だいたい枠で囲んで文字を入れたりしているのです。
たまにこの技も使ったりしますが、好きではありません。
写真と文字を両方とも目立たせたい。
しかも文字はでデザインとしてではなく、文字として認識させたい。
等と考えると大変なことになります。

そんなわけで、今回は放送大学の「色を探求する」という学科を選択しました。
通信指導が11月29日必着なので教科書を何回もひっくり返して調べています。

2月の試験が終了する頃まで少しでもジャケット制作のレベルアップが図れれば良いのですが・・・

色を探究する (放送大学教材)色を探究する (放送大学教材)
(2013/03)
佐藤 仁美

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ