スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化と退化

新しくCDを作る気力がなくなってきている。
困ったことだ。
原因は「ハイパーソニックエフェクトサウンド」だ。
今勉強中でまだよくわからないが、

CDの音というのは、音楽を最大に圧縮したのではないか
アナログの時代は、理論的には無限の超高周波が録音できたのだと思う。
もちろん録音装置、再生装置の性能の範囲内でということになるが
だからアナルグ時代は良い録音をしていれば、その時点で再生できなくても将来聴く(感じる)ことができるような録音が可能だったのだ。
そればデジタル時代になって、無いものは無くなってしまった。(無くしてしまった)

圧縮ファイルの善し悪しをたまに耳にするし、自分でも音楽に関しては圧縮ファイルを使わずWAVファイルでの録音をしていた。
しかし、「ハイパーソニックエフェクトサウンド」を知り考えた。
現在のデジタル録音は、最大の圧縮ファイルでは無いか!
超高周波を20KHZに圧縮したものを提供している。
(圧縮ファイルの意味とは違うかもしれないが、情報を切り捨てていると言うことで同じに思える。)
見えないものは無いもので、聞こえないものも無いものだ
という論理なのだろう。
この見えないものを切り捨てること、聞こえない音を切り捨てることが、進化なのか?退化なのか?
注意深く考えなくてはならない。



スポンサーサイト

コメント

物理的に切り捨てられた20kHz以上の音、そこは「人間のイマジネーション」で補完するのですよ。耳を凝らして聴けばシンバルの音がものすごくやわらかくなりますよ。

Re: タイトルなし

わんわんわんさん
こんばんは
「人間のイマジネーション」で保管するとはすばらしいことですが、なかなかできそうもありません。
好きな演奏はできるかもしれませんが、あまり好きで無い演奏では無理だと思います。
それと個人差があると思います。
ライブ演奏と自然界の音が聞ければ良いのですが・・・・・・
非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。