センクラ 川久保環紀、遠藤真理、三浦友里枝のコンサート

本日センクラの最終日!
クラッシックは、あまり聴きませんが、せっかくご近所での格安のコンサート、
しかも出演するミュージシャンは、クラッシックファンではない私でも知っている様な人たちです。
それとこのフェステバルに参加する方々は、クラッシックファンを増やそうとしていろいろなことにチャレンジしてくれます。

今回も、アンコールの「くまんばちは飛ぶ」の演奏は、くまんばちと勘違いした蠅の一生 みたいな曲でした。
これを3人で楽器を演奏しながらコントをするという、まさに離れ業をやってのけていました。
こうして聴くと、「くまんばちは飛ぶ」は元々楽しい曲ですが、楽しさ倍増です。
蠅は、最後は両手でぴしゃりと・・・・・・・

本題のチャイコフスキーの「偉大な芸術家の思い出」
ピアノ三重奏曲と言うことだったのでどのような演奏になるのかと思いましたが、バイオリン、チェロ、ピアノで見事な演奏を繰り広げられました。
この曲は、アンコールの挨拶でも三浦さんが言っていましたが「お通夜のような曲」でした。
演奏を聴きながら、マイルスの”He Loved Him Madly”を思い出していました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ