定禅寺ストリートジャズフェステバル2日目

二日目は、今回録音しようと思っていたグループが昨日に終わっていたので、ゆっくりジャズ以外の会場も回ってみることにした。
今回のコースは、駅前→錦町公演→勾当台公園→市民広場→定禅寺通り
と言うような順番で適当に歩こうということにしました。
毎年、行っていてもグループ名を見てもよく解りません。
有名なプロのミュージシャンも演奏しているようですがそこは外します。
歩いている時間に気に入った演奏があれば立ち止まって聴くなり、今年は録音をしてみようと言うことで歩いてみました。

最初にヤマハゴスペルAM-DOMINGO FINGERSのステージ、知り合いが出ているのでここからスタートです。
ここで会場が解りません。仙台駅2階のペデストリアンデッキから探したので、まさか一階とは思わず探していました。
一階の会場はまさにゴスペルのための会場のようでした。
階段状の空間はまるでコンサートホールの合唱のステージのようです。
一階と二階が大きく区切られているため駅前(駅構内)というの外部の音も遮断されているようです。
ゴスペルは、フィナーレの会場でしか見たことがなくあの勢いからしてメーンバーはかなりの若者と思っていましたが、そうでもなさそうです。
身体全体で表現しようとする姿勢、それよりも楽しく歌っているというのが伝わってきてこちらも楽しくなります。
音楽とは本来このようなものなのだと思います。

錦町公演までに2カ所くらい合ったのですが、ちょうど演奏が終わり次の演奏までの待ち時間です。
マップを見てここは違うなと思い次ぎへ急ぎます。

そんなことをしていたら、勾当台公園では、”南浦和ブルースマーケット”がエネルギッシュに演奏していました。
服装がいつものようにスーツではなく、半袖というのも今年の暑さを物語っています。

その後、市民広場を経由して定禅寺通りに行ったのですがマップを見ると”仙台定禅寺ビル”でサルサ2号”とありましたが、既に演奏終了です。
無計画に行動するのが今日の目標ですからこのような事態もしかたありません。

歩行者天国となっている定禅寺通りをぶらぶら歩き主に”メディアテーク”の演奏を中心的に聴くこととなりました。

市民広場のフィナーレは、蒙昧院では入れないのでこれまた”メディアテーク”のSachiyoのステージで今年のジャズフェスは終わりました。
Sachiyoの演奏メンバーはシンガポールのトップミュージシャンだそうです。
唄、演奏ともとても素晴らしいものでした。
また、言葉が多言語と言うこともあり、いろいろな言葉で歌っていました。
人種もいろいろなようで、お互いを尊重しないといけないのでしょう。

世界がお互いを尊重すれば良いのですが・・・

帰りに市民広場を通ると、今まさにラストの演奏、全てのステージが終わってもしばらく席を立たない人もいました。
2013定禅寺ストリートジャズフェステバルへ向けてまた1年がんばろう!

音源が何個かあるのでこれでCDを作りたいと思っています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ