Complete History of MILES DAVIS

日本題「マイルス・デイヴィスの真実」小川隆夫著がタイトルの本である。というよりは、タイトル、サブタイトルの関係なのだ。
なにせ、日本で出版されて、当然日本語で書かれているのだから。
この本を一言で語ると「マイルスをとっても大好きな小川隆夫が、音楽をとっても大好きなマイルス」について書いた本である。
通常この手の本は、CD解説や曲紹介のようになってしまいがちであるが、この本は、マイルスのファンがきっかけがあってマイルスに合うことができて、マイルスについてマイルスの音楽を通じて迫っていった作品であると思う。
マイルスについて言うならば、音楽が大好きで、自己表現のために音楽を用いて自分の人生を終えたと言うことだろう。
ブルーノートのライオンにしても、マイルスにしても、自分の表現したいものを探し求めて、それを具体化するためには、いかなる努力も惜しまず、可能な限りの時間を費やして、求めている音を追求したと言うことだろう。
そして、それが彼らの人生でもあったわけだ。
自分の求めているもの、好きなことを最後まで追求することが人生なのだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ