仙台クラッシク・フェステヴァル

先日、センクラへ行た。
クラッシックのコンサートは、何となく肩がこってあまり行ってなかったが、チケットが、どれも千円ということなので行ってみた。
タイムテーブルを見ると、山下洋輔のコンサートもあったが、残念ながら売り切れ。
結局行ったのは、”もののけ姫”の”米良美一”とリュートの”つのだたかし”のコンサートのみ。
米良のコンサートは、素晴らしいものだったが、日本語がよく聞こえなかった。というより、言葉が判読できなかったと言うことが残念。

つのだたかしの方は、これはクラッシクのコンサートで思うのだけれどもリュートという楽器は音が小さいのでとても聴きづらいということが難点でした。場合によってはPAを使ったらダメなのかと思う。
その時代は、当然PAが無かったので、生の音を聞いていたと思うのだが、観客までの距離、会場の広さ等々を考えると、PAについても考えても良いのではないかと思う。
こちらのコンサートで良かったのは、波多野睦美(メゾ・ソプラノ)の作曲者や歌詞の紹介、この手のものは、たいてい雰囲気を壊してしまうので、早く歌ってという感じなのだが、波多野さんの紹介は、とてもウイットにとんで、それでいて砕けすぎず、堅すぎず、楽しい紹介だった、歌詞の意味はわからないがその的確な紹介のおかげで楽しく聞くことができた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ