サウンド

ミュージシャンには、それぞれのサウンドというものがある。

たとえば、ナベサダの音楽が聞こえてくると、やっぱりナベサダのサウンドになっている。
あの笑い声と同じサウンドだ。

マイルスのサウンドもやっぱりマイルス、
マイルスで不思議なのは、タイム・アフター・タイム、ヒューマン・ネーチャー。
シンディー・ローパー、マイケル・ジャクソンの曲であるが、幸か不幸か最初にこれらの曲を聴いたのが、マイルスの演奏だった。
オリジナルを探し、CDを手に入れて聞いてみると不思議なことにマイルスと同じ曲(当たり前か)
ジャズでは、崩していて途中は原曲と違うのが普通だと思うが、不思議なくらい同じ。
それでもマイルス!

ビル・エバンス、鍵盤楽器で、誰が弾いても同じに聞こえてきそうなピアノ。
それなのに、エバンスが弾くとビル・エバンスのサウンドになっている。

大好きな、山本剛、彼のピアノもやっぱり山本剛のサウンドだ。
ミスティはもう最高、出だしだけで満足してしまう。

やっぱり、偉大なミュージシャンは、プラス・アルファを持っている。
自分しか出せないサウンドを持っている。
だからこれだけミュージシャンがいるにもかかわらず、多くのファンを獲得しているのだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ