定禅寺ジャズフェステバルのflow’s

今年も写真のように毎度の事ながら素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
遠距離バンドと言うことで練習もあまりできないのだと思いますが、良い演奏をしてくれます。
今年の演奏は、今まで聴いた中でもリラックスしていたような気がします。
いつも思うのですが、音楽はテクニック+α がきっと大事なのだと思います。
flow'sの今年の演奏はαだったと思います。
来年も楽しみです。
今年は、ピノキオバンドに続いてこの演奏も録音してCDを創りました。
良い演奏は、CDにして聴いても良いものです。
また来年が待ち遠しい!

演奏曲目と、解説は、

A Foggy Day
 ミュージカル映画『踊る騎士』の挿入歌。フレッド・アステアが城の中庭が霧に包まる中で歌います。邦題は『霧深き日』。
Pavane
 1886年、フォーレが作曲した管弦楽組曲。ジャズヴァイオリニストREGINA CARTERのアレンジが印象的でいつか演奏してみたいと思っていました。
Pachira
 ベーシスト坂井紅介さんのオリジナル曲。家にある観葉植物パキラを見ていた時に、テレビでアマゾンから熱帯樹林が姿を消しているというドキュメンタリーが放送され、このメロディがすぐに浮かんだそうです。
Il Postino
 1994年イタリア映画の主題歌で、ピアノの緑さんにこの曲を教えていただきました。私の大好きな映画の5本の指に入る作品になりました。
Not Quite A Samba
 作曲の渡辺貞夫さんの演奏はとてもかっこいいです。憧れの気持ちもあり今回のレパートリーに加えました。

です。


flow+s_convert_20111217153601.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ