スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻井伸行のチャイコフスキーピアノ協奏曲NO1

東京ジャズと定禅寺ジャズフェスのCD作成にしばらく明け暮れていました。
辻井伸行のチャイコフスキーピアノ協奏曲NO1の放送があるというので録音をすることにしました。
実はここで問題が発生しました。
この放送はテレビのため、チューナーからの録音というわけにはいきません。
そこで、今年手に入れたICレコーダ「VR-20」のお世話になることにしました。

TVの出力から、VR-20の”マイク/外部入力”へインプットさせるという技です。
昔、ラジオからテープレコーダーへ録音したのを思い出します。
その前は、ラジオのスピーカーからマイクを通して録音と言うことも経験しています。
この場合は、録音している間中静かにしていなければならず大変でした。

さて、今回は、急に録音を決めたためと、TV、VR-20の操作が覚束なく
不満の残る録音となりました。
ライン入力時のVR-20の音量設定のしかたが解らなかったため、音量の調整はTV側で行いました。
そのため、TVの出力が低くなってしまい、S/N比が悪くなりました。
ヘッドホンで聴くとノイズが気になります。
ピアノソロの時とか、第二楽章のあの大好きな頭の部分の時に「サー」という音がバイオリン、ピアノの音と一緒に聞こえてくるのです。

そう言う悪条件があったのですが、演奏が気に入ったのでCDを創ることにしました。

チャイコフスキーピアノ協奏曲NO1と言えば、かなり前に湯布院でアルゲリッチの演奏が記憶に残っています。
あのときも偶然TVで見たのですが録音できなかったのが悔やまれます。
クラッシックファンの友人に話したら、本人もあの演奏は素晴らしかったと言っているようです。

転ばぬ先のエアチェック


と言うところでしょうか。

今回の写真は、仙台市内の写真です。
狭い日本ですが、少しは雄大な感じてもらえれば良いのですが。

辻井 1_convert_20111109141743

辻井 2_convert_20111109141811

辻井 3_convert_20111109141828


チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
101 第1楽章
103 第2楽章
104 第3楽章
(ピアノ)辻井伸行、(指揮)外山雄三、(管弦楽)NHK交響楽団

105 Mc:辻井伸行

106 「四季」から 11月 トロイカ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。