東京ジャズのセルジオ・メンデス

昼の部のとりは、 Sergio Mendes ことセル・メンの出番です。
一番最初に聴いたのは、セルジオ・メンデスとブラジル66
その後、セルジオ・メンデスとブラジル77
となってたようです。

やはりセルメンの音楽は、賑やかで楽しくさせてくれます。
放送を聴いていても、身体が動きステージが終わった頃にはダウンしそうです。
ホールで聴いている人たちは、さぞかし・・・・・
次のステージまで2時間あるこの時間で無ければと思います。
アンコールで Mas Que Nada を歌っていました。
全然古さを感じさせません。
名曲とはその様なものなのです。

CDの写真は、何か無いかと探したらこのような写真が出てきました。
これは、編集とか一切していません。
このような曲線のビルがあるのです。
銀座のアップルストアーのあたりの角を曲がるとあります。
それにしても、なぜこのようにビルを建てたのでしょうか?
このような景色があるから楽しいのですが


003Sergio_convert_20111005175350.jpg

東京ジャズのホムページと違う部分があります。
1504 Pais Tropical
1505 Pretty World
1506 Chove Chuva
1507 Ela E Carioca
1508 3月の水(Waters Of March)
1509 Agua de Beber(おいしい水)
1510 Like A lover
1511 コンソラサフォン
1512 Berimbau
1513 パーカッション
1514 Surfboard
1515 Fool On The Hill
1516 Look Of Love
1517 Macarena
1518 拍手
1519 encore: Mas Que Nada
1520 サプカイ  Tristeza
1521 Mc
1522 Interview Sergio Mendes
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ