風がはこんできたもの

テレビのTBS系列の放送を1月31日から2月3日までの4日連続で放送になった「風がはこんできたもの」の演奏部分だけを取り出してCDを作りました。
倉本聰の番組と言うことで期待して録画をしていました。
映像の方は、期待していたものとは違っていたような気もしますが、音楽の方はじっくり聞いているとだんだん良くなってきます。
放送で見たときには、正直言って 辻井 伸行 以外はそれほどいいとは思いませんでしたが、このようにCDを作って聴いているとじわじわ伝わってくるものが結構あります。
もしかすると、映像に邪魔されて音をうまく捉えられないのかもしれません。

ここで演奏されているものは基本的に木の香りがする演奏のような気がします。
もしかしたらこの放送のために、演奏したのかもしれません。

印象に残っているのは、辻井 伸行 の即興演奏です。
彼にとっては、ピアノで演奏することで自分を表現しているのだと思います。
たぶん会話をするようにピアノを弾いているのだと思います。
それと物の見方がかなり独創的だと思います。
「氷がとけてけて水になる」イメージの曲では、いきなり低音のフォルテから始まります。
水がちょろちょろとから始まると思っていたので驚きました。
きっと、氷が溶けるのにものすごいエネルギーを感じているのでしょう。
倉本聰も「驚きました」と言っていました。
ピアノの1音1音がはっきりしてクリアーに聞こえます。
それでいてハーモニーも奏でていると言うことに驚かされます。
これを聞いて、彼の演奏するチャイコフスキーのピアノコンチェルトを聴く気になりました。

こぶくろ の演奏は、生演奏です。
残念ながら、録音され放送され、CDにされていると言うことでは既に生ではありませんが・・・・
しかし、音が心地よく響きます。
最初は、こぶくろも 客席も何となくしっくりときていないような雰囲気もありましたが、すぐに溶け込んだ雰囲気になってきました。
驚いたのは、2曲めの「Blue Bard」です。
この曲でストリングスが入ってきたわけですが、バイオリンの音の響きに正直驚きました。
ギターとボーカルの音に負けると思っていたのですが、バイオリンの音が凛として響き渡ってきました。
考えてみれば当たり前ですね。
バイオリンがPAを通して演奏するようになったのは最近のことでバイオリンの歴史から見たら生で演奏していた時代がほとんどなのですから。

JUJUについては、昨年のクリスマスの約束で始めて聴きました。
1曲目は、倉本聰の前で歌っています。
緊張している感じが伝わってきます。
その後は、後日塾生の前で歌っています。

坂本冬美は、「まだ君に恋している」が聴ければいいくらいに考えていました。
嬉しい誤算です。
故郷でのコンサートです。色々思い入れがあるようです。
それにしても、立派なホールです。
「おかえりがおまもり」はこのコンサートのために作った曲のようです。
今日初めて歌います。もう歌え変かもしれないけれどもと言っています。
こんな風な曲があってもいいと思います。
思い入れの深い唄なのだと思います。
このようにして作られた曲・歌が残っていけばいいのですが・・・・


今回の写真、
雪景色は今年の初めに撮ったものです。
この写真のような演奏だと思い使いました。

海の写真は、この放送が北海道の冬と言うこともあり雪景色にこだわろうかとも考えたのですが、何となくしっくりしません。
震災後に気仙沼に行ったとき目の前に広がった海の美しさに強烈に胸を打たれましたが、そのときは、目の前の悲惨さにシャッターを切ることができませんでした。
1週間くらい後に行ったときにこのCDにどうしても使いたくて撮ったものです。

JUJU坂本_convert_20110624201615

辻井 こぶくろ_convert_20110624201650

風がはこんできたもの 表_convert_20110624201712

風がはこんできたもの 裏_convert_20110624201737


JUJU
101 やさしさで溢れるように、103 The Rose、105 明日がくるなら

坂本 冬美
202 大阪で生まれた女、204 また君に恋してる、206 おかえりがおまもり

辻井 伸行
301 川のささやき、305 倉本聰のイメージ、307 氷がとけて水になる イメージ、309 即興演奏・風がはこんできたもの

こぶくろ(生-PA無し)
402 流星、404 Blue Bard、406 桜

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ