渡辺貞夫の出演映画「ふたたび SWING ME AGAIN」を見ました。

先日、ナベサダ出演の映画「ふたたび SWING ME AGAIN」を見てきました。

映画の案内を見ていたら、出演者として「渡辺貞夫」とあるではありませんか。
内容はどうあれ、この手の映画は見なければいけません。
ナベサダが出演するということであれば当然演奏があるだろうし、その演奏を聴くだけでも良いと思い映画に行きました。
ストーリー等は映画の公式サイトをご覧ください。

内容は、ハンセン氏病をあつかったもので、その内容は非常に重いものですが、JAZZがその中に含まれているということで、最後まで見れました。

音楽を通じて友情が続くというよりは、人間関係がつながっていたというのはとてもすばらしいことです。
そしてすばらしい映画でした。

ナベサダについて言えば、やはり存在感がすばらしいと思います。
演奏しているときは当然ですが、画面に映っているだけですばらしい演奏が聞こえてくるようです。
そして、この映画の主人公の人生を全て暖かく包み込んでいるように感じました。

JAZZはいいな!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ