スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD作成のフォントの選び方を表計算で

CDの面や、ジャケットに文字を書くときのフォント選びは苦労します。
特に、日本語と英語(アルファベット)が混じっていると大変です。

日本語のフォントは、アルファベットも上手に変換してくれるのですが、
英語圏の分とは、日本語をうまく変換してくれません。

アルファベットは、かっこよくできても、日本語が文字化けしてしまいます。
パソコンには、およそ200のフォントがあるので、これを全てチェックするのは無理です。

と言うわけで思いついたのが、表計算ソフトです。

理屈は簡単です。

入力文字を、1行目に入力して(たとえばB1セルに入力)
その下の行から(1~2行位あけた方が良いと思います。)
1行目の文字を絶対値を使って(B4セルに”$B$1”と入力します。)
B5セルから下は、ただコピーをしてください。
その後、各セルに自分の持っているフォントを割り当てていきます。
これが結構、疲れます。
でも、フォントの比較が簡単にできることを考えればやりがいがあります。

こうすると、1行目の文を変えると、新しい文でフォントのチェックができます。

こうして気に入ったフォントでデザインができます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。