スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンク・ジョーンズの死去

今朝、新聞を読んでいて驚きました。
あの、ハンク・ジョーンズの死亡記事(朝日新聞)
91歳とはいえ、昨年の東京ジャズでも演奏していたことを考えると信じられません。

朝日新聞のホームページの渡辺貞夫さんのコメントが印象的でした。

〈ジャズサックス奏者の渡辺貞夫さんの話〉 伝統にのっとり、品が良く、人柄のにじみ出たプレー。あこがれの人だった。ハンクのいるグレイト・ジャズ・トリオと76年、アルバム「アイム・オールド・ファッション」を録音した。15日の夜、岩手県一関市のジャズ喫茶ベイシーで偶然にもそれを聴き、店の人たちと懐かしんだばかりだったのに。ハンクが僕にさよならを言いに来てくれたのかも知れない。3年ほど前の来日でも、彼は帯状疱疹(ほうしん)の痛みを抱えた体で僕と共演した。ホテルの部屋に電子ピアノを持ち込んで練習していた。責任感の強い人だった。
<朝日新聞のホームページより>


ハンク・ジョーンズのエアチェックはそれなりにありますが、
年齢から考えたら、だいぶ前のしかないはずなのに、新しいのが大部分です。
年齢で音楽を聴きたくないので、年の割にという聴き方はしていません。
演奏を聞いて、その後年齢を知り驚くという具合です。

昨年の東京ジャズの演奏も素晴らしい物でした。

渡辺貞夫さんと協演したのは、多分3年前の東京ジャズだと思いますが、その時もエアチェックしています。
その時の演奏は、どのように聴いてもこのコメントにあるような病状を感じることができません。
しっかりした、確実な演奏で、過不足無く迫ってくる演奏でした。

きっと、天国でも素晴らしい演奏をしている事ともいます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。