新譜のCD

最近、というかここしばらく、CDは再発が多い。
特にJazzのCDはそうかも知れないが、再発のCDの方が、CDショップに行くと広い場所を取っているように思える。
再発ものは、たいていの場合、名盤でありそれが良質な音で聞けるというのは非常に喜ばしいことであるが、やはり、今という時代を反映した音楽を聴きたいと思うと非常に寂しい思いがする。
CDショップ、マスコミは、もっと新譜の紹介に力を入れてほしいものだ。
それとも、新譜はそれなりに出ているのだが、こちらのアンテナに引っかからないと言うことなのか?
引っかかるような演奏に出会わないだけなのか?
最近のCDを聞いていて、音は洗練されているのに、荒々しさみたいなものがないような気がする。
物理的な数字は良いのだろうけれども、それ以外の訴えかけるものが弱いような気がする。
音楽には、テクニックも必要なのだと思うが、プラスαを期待したいものである。
それは、演奏もそうであるが、録音技術についてもいえると思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ