ハープでジャズ

本当に久しぶりに、林忠男のハープを聞いた。
音は、CDの画面のように澄み切った音です。

最初は、ジャズをハープでなんてことを
と期待もせずに聞いていましたが

これが結構いけます。
独特の響きというか、共鳴しない美しさなのか、
澄み切った音がします。

写真は、確か北海道の美瑛ですが、
ここの景色とマッチするようなサウンドです。

しばらくはこのCDに浸ろうかと思います。



1980年8月2日 19:15~20:00  NHK-FM

1.Laura
2.Softry As In a Morning Sunrise
3.Talk Of Town
  <BIG BIRD:山本 剛(p)岡田 勉(b)渡辺 文男(ds)
4.On Green Dolphin Street
5.I Remember Cliford
6.It's Minor Sings
  <林 忠男(hp)荒川 康夫(b)猪俣 猛(ds)>
7.Bye Bye Black Bird
  <BIG BIRD&林忠男>


林忠男_convert_20100308234153


スポンサーサイト

コメント

なかなか良い

つうきんのとも様、お久しぶりです。

ハープのジャズって意外ですよね、私も最近、つい最近ですが
古佐小基史 さんというハーピストのYoutubeを拝見しました。

ちょっと未開地なので、これから楽しみです。
ジャズはどんな楽器にでも対応できる幅広い世界ですね(^^)

ハープ奏者は少ないですね。

まん丸クミさま、コメントありがとうございます。

ハープ奏者で有名どころは、アリス・コルトレーンですが、彼女のレコード・CDはないので音は聞いていません。
もしかすると、ジョン・コルトレーンのバックで演奏していたかもしれませんが記憶にありません。

今朝もハープを聞いてから出勤しましたが、独特の響きをしています。

ハープと聞くと、サンサースの動物の謝肉祭を思い出しますが、
やっぱりジャズで聞くハープの方が遙かに好きです。

古佐小基史 さん聴いてみたいと思います。
非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ