Johzenji StreetJazz Festival の初日

いよいよ始まった。
まあ、昨日から始まっていますが(先週の日曜日の日野皓正のアート展から)
本番は今日からです。
今年は、夜の部に強力ステージが分散し、恒例のサタディナイト・ジャムを最後まで見ることができませんでした。
原因は、会場を抜けだし、他の会場のコンサートを聴いて、戻ったのですが、遠くから見ることしかできずに帰ってきたというわけです。
前夜祭も行ったしと言うことで帰ってきました。
朝早くから出て、これ以上いたら明日はないぞと思ったのもあります。

flow’s
今年もさえています。
相変わらずの演奏言うことなしです。
特にベース、先週マーカス・ミラーを聴いた関係で、どうもどのグループを聴いてもベースの音が物足りなく感じます。
ところが、このバンドのベース、最後の2曲目からバリバリ弾きまくり、思わず先日のマーカス・ミラーを思い出してしまいました。
大満足です。

ドラム(HAPPY TOCOのメンバーでもあります。)はいつものように楽しげに、リズムを刻んでいました。
楽しんで演奏しているのが伝わるドラミングで楽しくなります。

バイオリンは、これまた楽しげに、また時には厳しく、演奏をしていました。
年々楽しさが伝わる演奏になってきています。

ピアノは、他のグループでもですが、どうしても背中しか見えない状態で演奏しているのでちょっぴり残念です。

と言うことで、たっぷり楽しんできました。

P9121317_convert_20090913002813_20090913003044.jpg

次に、Saturday Night Jamへ行き
マリンバの演奏を聴きました。
木でできているのに、かなり激しい音がします。
しかし、やっぱり木です。その中にも優しさの含まれる音です。
P9121394_convert_20090913003428.jpg

モンセラのボーカルを途中まで聴き、次の会場へ
P9121411_convert_20090913003717.jpg

HAPPY TOCOのコンサート風景です。
P9121431_convert_20090913004153.jpg

市民の広場での音が大きすぎたので、音が小さく聞こえていましたが、
最後の曲で、耳が戻ったようでいつもの演奏に聞こえてきました。
ここで、ピアニストの榊原さんが
ジャズフェスがこんなに大きくなったけれども、いつも大きくなることが良いの、悪いのか、話し合っている。
と言うことを話していました。

まさにそうだと思います。
大きくなるために、肝心なものを失ってはないもならないけれども、
肝心なものをつぶしてまで現状のままで良いと言うことにもならないのだと思います。
初心忘れず、大きくなればいいのではないでしょうか?

明日も楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ