俵万智、明川哲也(元ドリアン助川)朗読会?へ行ってきました。

ここまでクルとセンクラって何?
となってしまいます。
考えようによっては、ジャズフェスだって、三味線有り、フォーク有り、ロック有り、レゲー有り、サルサ有り、の何でもありなのだから、せんくらだって何もいわゆる”クラッシック”にこだわらなくても良いと思いますが・・・・・・。

それにしても、今回聴いてきたのは、和楽器の競演、ジャズピアニストのピアノコンチェルト、ジャズピアニストのクラッシックに名を借りたジャズコンサート?、そして長歌と短歌の朗読会。

センクラってこれで良いのですか!
と疑問を投げかけておいて、これでいいのだ!
クラッシック=古典というなら、良い音楽はずっと残るものだし、良い短歌はこれまた残る。
その観点から、やはり仙台クラッシックフェステバルで演奏して良いと言うことになります。

和歌というジャンルがよくわかりませんが、昔は、長歌というのがあってそれに対してその答え?を半歌と言ったそうです。(この字で良いのかわかりません。)
和歌と和歌の応酬ですね。
昔はそのようにして、楽しんでいたのでしょう。
今我々が、ステレオで音楽を聴くようにそのような方法で楽しんでいたのかもしれません。

結論として、短歌も良いけど、やっぱりジャズです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ