山下洋輔のピアノ協奏曲

山下洋輔のコンサートを聴いてきました。
仙台クラシックフェステバル2008での演奏会です。
正しくは、山下一史指揮、仙台フィルハーモニー管弦楽団、ピアノ山下洋輔。
と言うおところでしょうが。

やっぱり、山下洋輔が、オーケストラを従えて演奏する。
と言うことにして聴いてきました。

最近は、仙フィルのコンサートは行っていないのでわかりませんが、いつもの定期演奏会などと比べると、楽団員の楽しい中にも緊張しているぞ、
と言う雰囲気が伝わってきて何となく居心地の良いコンサートでした。

肝心の演奏内容ですが。
ピアノ協奏曲第3番「エクスプローラー」
とにかく良かった、仙フィルも良かった。
山下洋輔と一緒に演奏して違和感がなかったとは、
なんと素晴らしいことか。

いつもながら、アンコールが最高によく聞こえるのはどういう訳でしょうか?
今回もそうでした。
オーケストラと演奏する緊張から解放されてか(当然、演奏者も聴衆も)
リラックスして聞けるからかもしれません。

アンコール曲は、「枯葉」「スイングがなければ意味ないよ」をメドレーで
この演奏風景がまた楽しいものでした。
演奏は山下洋輔のピアノソロ。
仙フィルのメンバーは最高の席で1音でも聞き逃さないぞ、という感じで、そしてもう演奏が終わって安心して楽しむぞという雰囲気で。
いすのない指揮者は、式台に腰掛けてピアノの隣でこれまたリラックスして聞いていました。

クラッシックのコンサートなので、PAは無し、いきなり演奏を始めたので、曲名はわからず。
そして、なにぶんジャズなのでかなり崩して弾いているので、なかなか曲もわからなかったのですが。
その中にも、ちゃんとメロディーがありました。
ただむやみに弾いているのではないのです。
これは”枯葉”と途中でメロディーが変わりました。
”スイングがなければ意味ないよ”ではないですか。

帰りに受付の人が、上記の曲名を書いていたのを見て。
ジャズを聴いて○○年、ダテじゃない!と思いました。

いざ次のコンサートへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ