上原ひろみのコンサート

本日、上原ひろみのコンサートに行ってきました。
やっぱりアンソニーが中央にいないと言うことは不安を感じさせます。
アドリアン・フェローについては何もわからないし、良いのか悪いのか
ただなんとなく演奏がなじんでいないように聞こえました。
前半までは、今年2月のソロコンサート(トークショウと言うべきか)の方が良かったと思って聴いていました。
が後半は、サイモン・フィリップス ザ・トリオ・プロジェクトと行っても良いくらいでした。
確かラストの曲は、ドラムから始まってそのままこの曲がおしまいになると言うくらい長時間のドラムソロ、エンディングにピアノとベースが加わったという感じです。
アンコール曲は、サイモンがピアノのカーブの部分をたたいてリズムをとり、上原ひろみはサイモンのドラムをたたくと言うところから始まりました。
ラストの曲から観客は総立ち、そのままアンコールへと、
終わったのは9時半過ぎだったと思います。
今もまだサイモンの太鼓の音が鳴っています。

今回のコンサートを聴いてCDとまるで別物という感じがしました。
いつもは、東京ジャズのライブ放送でCDからの飛躍の音源を聴いて、この時期のコンサートとなるのですが。
今年は、アンソニーとサイモンが体調不良と言うことで東京ジャズの演奏も無し、と言うことでいきなり進化した[SPARK]を聴くこととなりました。
それと、多分アンソニーが今回来日できなかった分二人ががんばってくれたのだと思います。
サイモンのドラムソロの時は、正直そんなムチャしないでと途中まで思っていましたが、途中からは安心して聴いていました。

今回のコンサートはいろいろ新しいことにも挑戦していたようですが、またアンソニーと3人の演奏が聴きたい気分にもなりました。





スポンサーサイト

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ