スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニー・バレル(Kenny Burrell)来日公演(1975年)

Kenny Burrellを、「3年前来日したときに『近頃アンプリファイヤプレーヤーが多すぎるけれども、俺は死ぬまでギタープレーヤーでいたい』と言ったことにうそいつわりなし」
という司会のいそのてるお の紹介から演奏が始まるようにCDはつくったのですが。
放送では、5.Mc:青木 誠&リハーサル&ヤマザキ から始まります。
当然にもリハーサル風景のほんの一部が流れてくるわけです。
誰もいない会場で、スタッフが準備をしている音が入っています。
リハーサルはRoland Hannaがしているようです。
お客さんいない会場に響くピアノの音は独特の響きがあります。
そこへ、Kenny Burrellがやってきて、4.The Common Ground の始めと終わりのリハーサルをする風景が流れます。
と言う貴重な内容です。

実はこの放送はNew York Jazz Quartetの第2部でKenny Burrell(g)はゲストということになると思うのですが、Frank Wess(ts,ss,fl)がこのステージsでは出番が無く、代わりにKenny Burrell(g)が入ったメンバーでの演奏と言うことです。
Mcの青木誠が 「Roland Hanna Trio プラス Kenny Burrell」と紹介したりしています。

New York Jazz Quartet が当時日本ではあまりなじみが無くこれでは興行が成功するかどうか不安なのでこの様にしたようです。
その様なわけで、番組タイトルも「4CHゴールデンステージ ケニー・バレル(Kenny Burrell)来日公演」となっているのかもしれません。
今回のゲストのヤマザキジュンは、日本側のロードマネージャーです。

Kenny Burrell(g)
Roland Hanna(p)
Ben Riley(ds)
Ron Carter(b)

オリジナルはこの様な順番となります。
1.Mc:青木 誠&リハーサル&ヤマザキ
2.Invitation
3.'Round About Midnight
4.Mc:青木 誠
5.Speak Low
6.The Common Ground
7.Mc:青木 誠&ヤマザキ
8.Cm:QSファンを訪ねて
9.Mc:青木 誠
10.Cm:筒井康隆の本
11.Fm東京です。
12.Cm:ナショナルマック
13.Cm:ヤマハ

1975年6月8日(日) FM東京 4CHゴールデンステージ
ケニー・バレル(Kenny Burrell)来日公演 1975年4月2日 東京芝郵便貯金ホール

KennyBurrell 1

KennyBurrell 2

KennyBurrell 3


勿論、演奏は今聴いても素晴らしいものです。

スポンサーサイト

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。