スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このところ新しいCDを購入する気が起きない

しばらくCDを購入していない。
CDショップに行くと、好きなジャンルの売り場面積が小さくなっている。
もうCDの時代では無いのかと思う。
売り場面積が少なくなっているので、ほぼ売れ筋のCD、ヒットしたCDの再発ものがおもだ。

それはさておき、今読んでいる 書店不屈宣言: わたしたちはへこたれないを読んでいると

「けれども、と私は思う。『必要な本』を買うのに便利なアマゾンでの、読者向けサービスに抜け目のないアマゾンでの、つまり『効率的な買い方』が日常生活に入り込んでくると、選書に失敗するという遊びがなくなり、本の選び方が痩せてくるのではないか?いやいや、無駄な買い物をしないのが現代人の生き方、と多くの人がいうのだが、『文化』というものは無駄と無理の
果てにあるもの、と私は無謀にも考えている。実は本心では無謀でさえない、と思っている。」

とあった。
思い出してみると、レコードの時代にはかなり無駄な買い方をしていたように思う。LP一枚に一曲でも好きな演奏が入っていれば満足したものだ、それを何回も聴いていると同じ面の曲も好きになってきたりしていたものだ。
好きなアーティストのレコードも2枚に一枚くらいは外れでもしょうがないか(3枚に1枚かも)くらいの感じは持っていたと思う。
これが変化してきたのは、音源の一曲買いができるようになってからなのだろうか、この様な購入の仕方はしたことがないので分からないが、多分影響は出ているのだと思う。
CDの選曲も変わってきたように思う、レコードの時代は、何曲か実験的なものや、アーティストの好きな音楽が入っていたような気がするのだが。
今のCDは、全てがA面のトップを飾るような曲ばかりのような気がする。
ようするに、無駄がないのだ。
スクラッチノイズと共に無駄とほっとした時間が無くなったような気がしてくる。

自分がいる空間、演奏の合間の(つまらないと感じている演奏時間も含め)ふと自分に戻れる時間
そして、つまらないと思っていた演奏が、ある日突然 素晴らしい と感じられる瞬間がなくなってきているような気がする。

スポンサーサイト

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。