レコード・CDの整理

これは、レコード・CDマニアにとっては大変重要なことです。

そもそもパソコンを始めたのも、確かスイング・ジャーナルの載っていた。
パソコンで表計算か、データベースを使ってレコードを管理するという事から始まっています。

当時は、パソコンなどは当然無くて、ノートにつけて整理をしていたのですが、たまにレコードを買ってきて、ターンテーブルに載せ音を出すと聴いたことのある演奏が流れてきて、同じレコードを買ったことに気づかされることがたびたびありました。

これでは、「いかん」と言うことで何とかせねば、と思っていたときに、上記のSJの記事に出会ったわけです。

そこで、昔オーデオ部門にいて、当時はパソコン部門で販売を担当していた人に、
これこれこうゆう訳で、パソコンが欲しい、しかし、当然資金はないが何とかならないか、
と誠に身勝手な相談をしましたが、彼はこの希望を見事に叶えてくれました。

当時は、NECのPC98シリーズ全盛の時代でした。
当然、このシリーズは希望価格より高すぎたためにEPSONの互換機としました。

当時は、ソフトはなにもついていませんのでこれも手に入れなければただの箱です。
そこで、Rydeen(スペルはこれで良いのだろうか?雷神)という総合ソフトを手に入れました。
これは、表計算、ワープロ、もしかしたらデータベースまがいも入っていたかもしれません。
これで、何とかレコード整理ができるぞと喜んでおりました。

この時愉快だったのが、新人の販売員、
まず、NECでないのが気に入らないようです。
当時は、ソフトは、ほぼ98シリーズ用なので、EPSONのPCでは動作保証ができないのでEPSONは売りたくなかったようです。

こちらとしては、これ以外に何もする予定もないので安くてレコード管理ができればいい、
おまけとしてワープロも使えたらハッピーと言うことだったので、
彼の意見はことごとく無視しました。

実際、その後このPCで困ったことは何もありませんでした。

次に彼のしたことは、電卓をたたいて首をかしげています。
どうしたのかと聴いて見ると「どのように計算してもこの金額にはならない。」と言うことです。
客としては、もう値段交渉は終わっているので「この値段になったのだから」ということで車に積んで帰ってきました。

この後、自宅で電源をおもむろに入れて、ディスプレイに表示をすると、マニュアルと違う画面になり、一瞬真っ青になりました。
早速購入した店に電話をして、操作方法を教えてもらい何とか無事操作ができるようになりました。

当時は、MS-DOSで今のウインドウズのように、電源を入れたらちょっと文字を打ち込んでクリックをすればできあがり、とは行かない時代でした。

命令文を入力して、また入力して、などとして動くのです。
あの時代には戻りたくないと思っています。

と言う様なわけで、この流れの中、未だにパソコン生活から向け出せずにいます。

次回は、アプローチ脱出計画について

スポンサーサイト

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ