不明年金

年金問題で不明な分が5000万件、日本の人口が1億2千7百万人、単純に考えて、二人に一人分の不明分があるということではないか。
大臣や、社会保険庁の役人がボーナス返上をしているようであるが、それで支払った人の不明分が分かるわけではない。
何故そのような事態になったのかの検証もしないで、終止符を打とうというような行動は許されないと思う。
ただでさえ不安な年金、この様な状況ではますます年金に不信感を持つだけではないのか。少なくとも、年金の掛け金をを支払った人に対しては、約束している年金を支払うべきであり、それが最優先されるべきである。
その上で、システムが悪いのか、そもそも処理できないのに国民を欺いて保険料の徴収を行っていたのか、ということをはっきりさせるべきではないか。
その上で、ボーナスのカットとかは考えればいい話ではないか。
社会保険庁へ調べに行けば、会社を休まなければ行けない、あるいは、自分の時間を本来必要としない事に費やさなければならない。
加入者全員に加入状況を知らせて異常はないかを確認すべきである。と考える。
スポンサーサイト

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ