スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RuneAudioとVolumio とりあえず動作しました

RuneAudioがPCで動作しないというような状況でしたが、なんとかPC上で動くようになりました。
前途多難ですが、まあのんびりやりましょう。

RuneAudioの場合
エクスプローラのネットワークに「RuneAudioUPnP」が出てきたら


ラズパイオーディオ01

エッジ(たぶんどのブラウザでもいいのだと思いますが)を開いて
アドレスを「http://runeaudio.local/」と打ち込むとこの様な画面になります。

ラズパイオーディオ02



Volumioの場合
エクスプローラのネットワークに下のように2個出てきます。
右側の「volumio.root」をクリックすると



ラズパイオーディオ03



エッジ(たぶんどのブラウザでもいいのだと思いますが)このようなシートが現れます。
ラズパイオーディオ04


ここから先はまだ未知の世界です。
音が出るのは確認していますので、いろいろいじってみたいと思います。

スポンサーサイト

Raspberry Pi 復活???

実は、Raspberry Piがうまく動作せず。
SDカードをフォーマットしてデータを入力すると言う作業を繰り返している時に、間違ってパソコン本体のデータを消してしまったようであります。
この様なトラブルの起きたとき大抵そうであるように、全く自覚症状無しです。
そんな大事なところをフォーマットするわけがないと自分に言い聞かせていますが、そのドライブに行ってみても何もありませんでした。
何回確認しても同じこと、真っ白は真っ白のままでした。
そこでしょうがなくデータ復旧作業になるわけですが心理的ダメージも含めて3~4週間位かかったわけです。
物理的打撃は、データが復旧すればそれまでなのですが、心理的ダメージの方が大変です。
ラズパイを早速試してみたいのですが、又間違ってフォーマットしたら等と考えるとSDカードにデータを書き込むことが出来ません。

こんな状態をいつまでも続けているわけには行きません。と言うようなわけで。
ここ2、3日でなんとかRaspbianをSDカードにいれ動作させルことが出来ました。
と言ってもこちらは動作がとても遅いのですぐに使うというわけではないのですが。

次に、ハイレゾに挑戦するのが目的なのでラズパイのオーディオソフトのSDカードを作ろうと思ったのですが、前回Volumioの作成時にフォーマット事件が起きたのでこれから入る気分にはなれずに、これと似ているらしいRuneAudioをとりあえず作ることにしました。
ところがこのRuneAudioは、ネットで繋がりパソコン本体で動作を操作すると言うことではなく、ラズパイで操作する物のようです。
しかもマウスの矢印も画面上には確認されず、なのにマウスを動かすと画面上のボタンがわずかに動きそこでマウスをクリックすると何らかの変化が起きます。キーボードのタブボタンを押すとこれも動作します。
と言うことで不明な点がたくさんあります、時間を掛けて操作方法を解読していきましょう。

ここまで来るとやっぱりVolumioも動かしてみたくなり、SDカードの作成に挑戦、新しいデータで操作ができなくなったので、以前ダウンロードしていたファイルを使ってSDカードを作成しました。
ラズパイを動かすとイチゴのマーク出てきて最後の方にアルファベットで作った大きなVolumioの文字を表示して数行で動作が止まります。
ここから、動こうとはしません。
パソコン本体のディスプレイを見ても何ら変化なし、自動的にVolumioの画面が出ると記憶違いをしていたのを思い出してネットワークをクリックしてみるとそこにVolumioのアイコンが2つありその一方をクリックすると懐かしいVolumioの操作画面が表示されました。
早速、オスカーピーターソンのラウンドミッドナイトや今編集中の笠井紀美子の歌を聴いたりしていました。

と言うようなわけで今SDケースには、「Raspbian」「RuneAudio」「Volumio」の3枚のカードが並んで収まっています。


ステレオから音が出た

ラズベリーパイを使ってヘッドホンから音を聞くことができたが、
ステレオからはどうなるのだろうと不安だった。
ステレオの置いてある部屋は、パソコンが無い。
あったとしても、パソコンは使わずに聴いてみたいものだと思っている。

今回鳴らしたのは、下の写真のような配線でした。
上の黒い物体は、DAコンバータ(昔のテープやラジオの放送を録音するときに使っていたもの、アウトの端子もあったのでこれを使うことにした。)
右上の端子からステレオのAUXへ接続

下の基板がラズベリーパイ2
USB端子に接続しているのは
右上はDAコンバータ
右下はUSB(この中にWAV形式の音源が入っている)
左下に接続されているのは電源
それから
左側中央のポチョッと出ているのがSDカードです。(OS、ソフトが入っています。従ってこれを入れ替えると別のラズパイとなってしまいます。)

DSCF8041.jpg


ラズベリーパイが立ち上がるまでに数分を要したと思いますが、なんとかこれでとにかくステレオから音が出てきました。
音源はハイレゾでは無いのでこれについてはもう少し経ったらチャレンジしてみることにします。
CDと音質的には変わりが無いか、USBに入れているのが音源をカットされている前の情報なので、もしかしたらちょっといい音かなどと思いますが・・・・・・

問題は、操作はネットに繋いでパソコンで操作しなければならないようなので、曲の選択、飛ばす、早周し等ができないことです。

1年以上解読できなかったことが、わずか数日でここまでここまでになったのだからすごい。



よくわかんないけど Volumio 起動

本当に何が何だか解らない。
しかし、ヘッドホーンから音が出ている。

ラズベリーパイのみの操作で動作するものと思っていたがそうではないようだ、このソフトはPCでラズベリーパイをコントロールして操作をするようだ。
最終的には、電源を電池にして、ラズベリーパイに音源データをUSBで接続して、アナログ音源をステレオのAUX端子に入力して聴きたいと思っている。
まだそれまでの道のりは長いようだ。

前回からの経過を説明すると、修理を持ち込んだ翌日に交換品が用意できました。とのことで店まで行って、Volumioの動作を確認、ネットワークに店のラズパイは繋がっていないためそこの部分は確認できず。
しかし、それ以外は動作していることを確認できた。
この確認は超初心者にとっては非常に重要なことです。ここまでできたと言うことでここから先を調べればいいということになりますから、

音楽プレーヤーVolumioをRaspberry Piで使う
によれば、以下のような感じになります。同様のことが雑誌や他のHPにも書いてあるのだと思いますが、解読できません。

* Volumio のインストール
SDカードにVolumio をインストールするまでの手順を示します。
Volumio の取得
先ずはSDカードに書き込むためのイメージファイルを取得します。

* SDカードにOSイメージを書き込む
ダウンロードした ( zip ) ファイルを解凍すると、拡張子が img のファイルになっていると思います。( 1.55 の場合 Volumio1.55PI.img ) これがRaspbianのOSイメージになっているので、これをMicroSDに書き込みます。

* Volumio の起動
書き込みを行った MicroSD カードを利用して Volumio を起動します。 以下の手順で行います。
1.OSイメージを書き込んだSDカードを rpi のカードスロットに挿入する。
2.( オプション ) ディスプレイを接続する。
3.( オプション ) 入力用デバイスを接続する。
4.ネットワークケーブルを接続する。
5.電源をONにします ( microUSB のケーブルを差し込む )。
上記 ( オプション ) の機器を接続しないで起動した場合、その後の作業はWebブラウザ、及び、SSH経由で行います。

とこんな感じでした。


失敗した状況
ラズパイに、ディスプレイ、キーボード、マウス、UA-1G(DAコンバータ)、USBを接続したのですが
ディスプレイ上にアルファベットが流れ
アルファベットでVolumioと大書きした文字のちょっと下で書き込みが修了してそのままストップ
これを数回繰り返しましたが変化なし。
もう一度読み直して、もしかしたらパソコン(ウインドウズ)側からラズパイを呼び出すのかなと思ってやってみたら音が出てきました。


こんな感じでいじっていたら音が出てきました。
ネットワーク上にラズパイが見えないかと思い。
タクスバー上のフォルダをクリックすると下のような画面になりました。

Volumio1.jpg

"volumio: root"をクリックすると
Volumio2.jpg

この画面の下の”Browse”タブをクリックすると
Volumio3.jpg

今度は、”USB”をクリック
Volumio4.jpg

そして曲をクリックすると演奏が始まります。
Volumio5.jpg
操作は”Playback”で行います。
勿論、音源はUSBに入れておかなくてはいけません。

何はともあれ、ヘッドホーンから音楽が流れていると言うことを確認できました。
今流れているのは、東京ジャズのエスペランザ・スポルディングの演奏です。




ラズベリーパイでハイレゾを

ラズベリーパイでハイレゾ音源を聴こうと思いチャレンジ中なのですが、ラズパイ本体に故障が発生SDカード挿入口のロックが効かなくなりデータが読み込みません。
販売店に持って行ったら、会社に送らないと修理できないとのこと(たぶん交換になるだろうとのことでしたが)しばらく時間がかかるとのこと、(2~3週間程度)
まあその間、ラズパイについて勉強をする時間が確保できたと考えよう。

何せ、つい数週間前まで、ラズベリーパイというのはソフトウエアなのかもしれないと考えていたので(結局何も解っていなかったと言うことです。)

ラズベリー・パイというのはコンピュータであり、当然それ自体では何もできない物体だと言うことをまず確認。
昔流に言うなら「コンピュータ、ソフトが無ければただの箱」という感じです。
最もラズパイは、ただの板という感じですが。

この本体に、まずSD(OSとインストールした)差し込み、USBにディスプレイを繋ぎ、キーボードを繋ぎ、マウスを繋ぎ、ヘッドフォンを接続したAD変換器を繋ぎ、記憶媒体として音源を入れたUSBメモリを差し込み準備完了!
後は電源を入れるだけとなったところで、肝心のSDカードがロックせず、エラー状態となりました。

ここまでできるようになったのは格段の進歩です。

一応ラズパイで3回くらいSDカードがロックしていたので、ラズビアンを読むことは確認しています。
ちょっとだけ表計算ソフトも動かしてみました。

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。