スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウント・フジ・ジャズ・フェステバル'91のCHICK COREA AKOUSTIC BAND

”始めよければ終わりよし”ということわざがあるが
このマウント・フジ・ジャズ・フェステバル'91、実際はどの順番で演奏したのか解らないが、
この放送に関する限りは、”はじめチックで、終わりもチックでよし”と言うことです。
この時代の演奏を聴いていると不思議と落ち着き、何かしらのエネルギーを感じる。
エアチェックで録音したものをCDにしていると、MCは情報だけということで利用しているのだが・・・・
このMCは曲の間に自然と入っているのでテープに録音されていたままの順番でCDを作りました。

1.Morning Sprite
2.How Deep Is The Ocean
3-4.Sophisticated Ladies
5.Mc:ChickCores
6.Pinocchio
7.Round Midnight
8.Hackensack
9.いソノてルオ
10.Quartet NO.2/Part2

CHICK COREA AKOUSTIC BAND
Chick Corea(p)
John Pattituci(b)
Dave Weckl(ds)

マウントフジ チックアコーrステックバンド


スポンサーサイト

マウント・フジ・ジャズ・フェステバル'91のダイアン・リーブス

今回は、珍しくMcまでばっちり入っている。
とは言っても、演奏の終わり頃にテープが終わり、次のテープにこの切れた演奏の尻尾のみが・・・・
しかし、そのおかげ??で
しっかり、曲名、メンバー紹介も入っていました。
しかも、Mc:いソノてルオ 会場の雰囲気の描写までばっちりです。
ダイアンリーブスは2曲目からとなります。

貴重なMcなので”11.Mc:いソノてルオ”を起こしてみました。
「マウントフジジャズフェスティバル、山中湖畔に咲いた真っ赤な花といったところでしょうか。
このステージ、ダイアンリーブスの歌いました曲は、先ずトリオの演奏4x5が終わりまして、ダイアンが登場いたしました。
歌った曲は、Afro Blue、I'm O.K、Softly As In The Morning Sunrise、That's Allそしてスキャットが冴え渡ったHow High The Moon、You Taught My Heart To Sing。ここでダイアンは、相棒であるBILL CHILDSと1977年カリフォルニアの小さな田舎町でこの仕事始めた時から歌っている、という古いスタンダードMy Funny Valentine。そして歌いながらのおなじみのメンバー紹介がありましてNothing Will Be As It Was、かつてあったようなことはありませんと言う曲で終わりました。
DIANNE REEVES SHOWは、ボーカルDIANNE REEVES、ピアノBILL CHILDS、ベースCHRIS SEVERIN、ドラムスBILLY KILSONでした。」
なんと簡潔にコンサートの模様を伝えていることでしょう。
また、話し方、声の質もこの放送にぴったりとしています。

1.4x5
2.Afro Blue
3.I'm O.K
4.Softly As In The Morning Sunrise
5.That's All
6.How High The Moon
7.You Taught My Heart To Sing
8.Mc:Dianne Reeves
9.My Funny Valentine
10.Nothing Will Be As It Was
11.Mc:いソノてルオ

DIANNE REEVES : (vo)
BILL CHILDS : (p)
CHRIS SEVERIN : (b)
BILLY KILSON : (ds)

マウントフジ ダイアンリーブス

この写真、気に入っています。
いつか、ブルーノートレコードのソニークラーク/クール・ストラッテンのようなジャケットを作りたいなと思っていたのですが、偶然こんな写真が撮れていたので使ってみました。

Cool StruttinCool Struttin
(1999/04/07)
Sonny Clark

商品詳細を見る

やっぱり、本物はいいな!!!

マウント・フジ・ジャズ・フェステバル'91JAZZ MESSAGE FROM ART BLAKEYとGONZALO RUBALCABA Trio

ART BLAKEYは、1990年10月16日になくなっているので、およそ1年後の演奏と言う事になる。
ゴンサロ・ルバルカバ は、たぶん新人だったのだろうチック・コリアとのディオでの演奏もしている。
それにしても、このときの演奏は聴いていてリラックスできる。
音楽はこうでなくては!

1.Moanin
2.Up Jumped Spring
3.Night In Tunisia
4.The Theme
JAZZ MESSAGE FROM ART BLAKEY
Terrence Blanchard(tp)
Billy Pierce(ts),Benny Green(p)
Charnett Moffett(b),Ralph Peterson(ds)
日野皓正(tp)Terumasa Hino(tp)
向井滋春(tb)Shigeharu Mukai(tp)
ジョージ川口(ds)George Kawaguti(ds)

5.Mc:いソノてルオ
6.不明Gonzalo Rubalcaba
7.Autumn Leaves
8.不明Gonzalo Rubalcaba
GONZALO RUBALCABA Trio
Gonzalo Rubalcaba(p)
John Patitucci(ds)
Jack DeJohnnette(ds)

マウントフジ メッセジャー・ゴンサロ


マウントフジジャズフェステバル'91のCHICK COREA AKOUSTIC BAND

マウントジャズフェステバル91 の放送もいよいよ終了!
トリはチックコリアです。
当日の番組表です。
当時は一週間分の番組を新聞でも紹介していました。
これは、図書館で新聞を探して頂いてそれをコピーしたものです。
完全ではありせんが、今回のデータ作成の手がかりになりました。

番組表


CHICK COREA AKOUSTIC BAND
Chick Corea(p)
John Pattituci(b)
Dave Weckl(ds)
の演奏、
チックの雰囲気が満たされた演奏を繰り広げています。


404 Morning Sprite 12:12
405 How Deep Is The Ocean 11:28
406 Sophisticated Ladies 14:28
501 406の続き? 1:53
502 Mc:ChickCores 0:30
503 Pinocchio 2:40
504 Round Midnight 5:53
505 Hackensack 2:12
506 いソノてルオ 1:01
507 Quartet NO.2/Part2 14:47
508 時報

マウントフジジャズフェステバル'91のDIANNE REEVES

この日のダイアン・リーブスの演奏
やっぱり、Afro Blueは良いですね。
独特のリズムが良いです。

302 4x5 トリオ 6:24
303 Afro Blue 5:03
304 I'm O.K 5:48
305 Softly As In The Morning Sunrise 5:35
306 That's All 5:36
307 How High The Moon     4:55
308 You Taught My Heart To Sing 7:10
309 Mc:Dianne Reeves 0:39
310 My Funny Valentine 6:48 途中まで
401 ??DIANNE REEVES 0:28 終わりの部分のみ
402 Nothing Will Be As It Was 8:09
DIANNE REEVES : (vo)
BILL CHILDS : (p)
CHRIS SEVERIN : (b)
BILLY KILSON : (ds)


最初の
4×5のみ、トリオの演奏
ダイアン・リーブスは次の”Afro Blue”から

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。