西洋音楽の発展??

放送大学の試験も月初めに終わった。
単位は取れただろうか?
それはさておき、大学院の講座の一つである「音楽・情報・脳」の教材を使って学習をしている。
放送大学のおもしろいところは自分の取っていない科目もがくせいであればネットでも見れるし、教科書も本屋さんやネットでも購入できるので試験を受けて単位を取れないと言うことを除くとほぼ受講生と同じに学習ができると言うことです。

さて、この講座を学習しようと思ったのは、俗に言うハイレゾ音源のことをもっと知りたいと思って学習を始めたのですが、ここまで学習して何となく西洋音楽はCD時代の音楽へと発達してきたのかと思うことです。
CDはご存じの通り2万ヘルツまでしか録音できません。
なぜかというと人間の耳は最大でも2万Hzまでしか音として認識しないからです。
現在でも、乱暴な言い方をすると西洋音楽以外の楽器は2万ヘルツ以上の音(?)だしていますが、西洋の楽器はほぼ2万Hzまでのようです。
このような周波数分析がこの「音楽・情報・脳」ではほぼ毎回のように教科書に載っています。
興味深いのは、たとえばチェンバロの波形とピアノの波形を比べると、ピアノは2万Hzぐらいがら波形はなくなりますが、チェンバロは5万Hzまだまだ波形が出ています。
チェンバロが発達したのがピアノと言うことになっていると思います。
こうして見ると西洋の楽器(音楽)は、人間の耳が認識できる部分を強調してそれ以外の体で感じたりして音楽として証明できない部分を切り捨ててきた歴史のようにも思われます。
音を大きくする代わりに、2万Hz以上の空気振動を切り捨ててきた歴史に思われてなりません。
「音=音の大きさ×周波数の大きさ」という公式があるのかもしれません。
西洋音楽と、現代のCDオーディオは、音の大きさを取った代わりに、周波数を切り捨ててきたともいえるのかもしれません。

チェンバロピアノ波形
http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/049/talk_index.html より

音楽・情報・脳 (放送大学大学院教材)音楽・情報・脳 (放送大学大学院教材)
(2013/03)
仁科エミ、河合徳枝 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コンピュータでの音の処理について

放送大学で「ソフトウェアのしくみ」の第9章「マルチメディア」のところで音のデジタル化についてちょっと触れている。
こんなところがあると、他の部分はちんぷんかんぷんでも嬉しくなってしまう。
放送時間は月曜日の17:30から、ちなみに
4月21日は「第3回 制御構造と構造化プログラミング」なので第9章は6月頃の放送になると思います。
もっとも放送大学の在学生は、インターネットで見ることができます。

ソフトウェアのしくみ (放送大学教材)ソフトウェアのしくみ (放送大学教材)
(2014/03)
岡部 洋一

商品詳細を見る

放送大学の試験終了

放送大学の試験が終了した。
この大学、当然卒業を目指して勉強している学生もいるが、そうではないのでのんびりしたものなのだと思うが、やはり試験を受ける限り単位を取得したいと思う。
その目標がないと、興味のある科目を取っているとは言え怠けてしまう。
そのうち、インターネットで見て学習しようなどと思っているといつの間にか時間が経過して学習期間が終了してしまう。

環境デザイン論 (放送大学教材)環境デザイン論 (放送大学教材)
(2009/03)
仙田 満

商品詳細を見る

この科目は、CDを作る上で同じデザインなのだから何らか役に立つことがあるかもしれないと思い取得したのであるが、住宅と環境の関係のような学問のようで直接的には関係なかったようです。
しかし、いつかきっと役に立つと思います。
興味深かったのは、日本の住宅の耐用年数で、25年~30年!
昔は、100年という耐用年数もあったようです。
住宅ローンがたいていの場合最長35年と言うことを考えると、返済が終わらないうちに住宅の耐用年数を迎えることになります。
これは、老後楽しく音楽を聴くためにも考えなければいけない問題です。

初歩からの数学 (放送大学教材)初歩からの数学 (放送大学教材)
(2012/03)
隈部 正博

商品詳細を見る

この科目を選んだのは、以前微積の科目を取ったのですがさっぱり解らずで単位を取得できませんでした。
初歩からの・・・と有るので何とかなるかと考えていたのですが、なかなかどうして手強い科目でした。
インターネットで授業を見ていると、解ったような気がするのですが、印刷教材や自習型問題などをやるとさっぱり解りません。
インターネットを止めて考えながら印刷教材を読み少しずつ理解するほかなさそうです。
本当は、試験の後も少しずつ勉強すれば良いのですがなかなかそうはいきません。

さて、結果は??????

今月は試験

年末は、年賀状制作に明け暮れていました。
しかも年賀状制作中に、プリンターが故障!
互換性インクを使っている関係で保証期限内なのに保証は無理なようです。
年末に年賀状制作のためと言うこともありいずれにしても修理は無理です。
そこで仕方なくプリンター購入!
EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-705AEPSON インクジェット複合機 Colorio EP-705A
(2012/09/20)
エプソン

商品詳細を見る

CDに印刷できるEPSONの製品と言うことで一番価格が手ごろなこの機種を手に入れました。
前の機種が、EP-704A、その前が確かEP-703Aでした。
ちょっとどこか変わっているのでしょうが基本的には変わっていません。
CPは高いと思います。
残念ながら値段が前回購入したときよりも若干高めでした。
それにしても修理代程度です。
そんなこんなで年末は大変でした。

年が明け、本来少しずつ勉強していなくてはいけなかった放送大学の勉強を開始しなければいけません。
と言っても、取っているのは2教科のみですが。
特に「初歩からの数学」これは、前期の試験部が南郷ジャズフェスの人重なっていたので試験は受けず今回再試験です。
一応問題をやってみたら解りません「公約数」「最大公約数」などやり直しです。
インターネットの画面を見てこれから勉強します。

初歩からの数学 (放送大学教材)初歩からの数学 (放送大学教材)
(2012/03)
隈部 正博

商品詳細を見る


放送大学の通信指導

放送大学は、最低試験に日だけ学校に行き合格すれば単位がもらえる。
しかし、その試験を受けるためには、「通信指導」が通らなければいけない。
これの締め切り日が11月30日,
提出は、郵送によるものと、インターネットでとある。
今までは郵送をしていた。
「文部科学省認可通信教育」と言うことで通常はあり得ない切手代15円というのもおもしろいので郵送にしていた。
しかし、15円切手を購入するには郵便局まで行かないとなかなか無いので、今回はインターネットで送ることにした。
送ってみて驚いた、送ったとたんに採点が帰ってきた。
しかも、締め切り前だというのに正解まで付いて。



プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ