スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウント・フジ・ジャズ・フェステバル'91のチック・コリア

マウント・フジ・ジャズ・フェステバル'91のチックコリアのソロ
出演者は
第一部
ゴンサロルバルカバ
ベニーグリーントリオ
チックコリアピアノソロ
ゴンサロ、チック ディオ

第二部
アートブレイキーに捧げるステージ
ゴンサロtルカルバトリオ
ダイアンリーブスショウ
CHICK COREA AKOUSTIC BAND
と言うことだったようだ。

このステージは、チックがチックを紹介するという、
しかも、英語がわからない人も理解できるように、同時通訳が入っている。

Mcは、イソノテルオさん
演奏に溶け込んでいるので不思議です。
McもそのままCDにしてしまいました。
Mcをカットして曲を入れていたためにいつものように曲名が不明です。
でも、チックのMcと演奏はとてもステキです。

そして、ゴンサロ・ルバルカバとのディオもステキです。

1.Mc:Chick Coriea&いソノてルオ
2.Old Song
3.不明Chick Coriea(p)
4.不明Chick Coriea(p)
5.不明Chick Coriea(p)
Chick Coriea(p)

6.不明Chick Gonzalo(p)
7.不明Chick Gonzalo(p)
8.Spain
Chick Coriea(p)
Gonzalo Rubalcaba(p)


この写眞のように飾り気はないけれども、ピアノの音がすっきりしています。

マウントフジ チックソロ

スポンサーサイト

東京ジャズの”Chick Corea & The Vigil”

昨年9月の東京ジャズのCDがやっと1枚完成した。
昨年の東京ジャズで取りをとった。”Chick Corea & The Vigil”の演奏を真っ先にCDのした。
とはいっても、今は2014年2月もう5ヶ月も経っている。
何はともあれ、東京ジャズの音源を聞けるのは嬉しい。
Chick Corea & The Vigilは
Chick Corea (p) ,Tim Garland (sax) ,
Carlitos Del Puerto (b) ,Marcus Gilmore (ds) ,
Charles Altura (g) ,Luis Quintero (per)
と言うメンバー、チックが既成概念にとらわれず選んだメンバーとのこと、
カラフルな演奏だ。そんなわけでこのようなジャケットにしてみた。

チック


1.Mc:Chick Corea
2.Tempus Fugit
3.Portals To Forever
4.Mc:Chick Corea
5.Galaxy 32 Star 4
6.Mc:杉尾宗紀,
村井康司(音楽評論家)
7.interview:Chick Corea

いつもながら、チックのインタビュー入り

チック・コリア&スタンリー・クラークのコンサート

6月12日”チック・コリア&スタンロー・クラークDuet”に行ってきました。
チックのコンサートは、2010年12月15日の青年文化会館でのソロコンサート以来です。
1941年6月12日生まれのチックはこの日が72歳の誕生日でした。
スタンリークラークは1951年6月30日が誕生日ですからまだ61歳。

チックのピアノは、タッチが柔らかです。
まるでピアノを弾いていないみたいです。
ピアノが勝手に動いているようです。

スタンリー・クラークのこの日の楽器はアコーステックベースのみ
それにしても、すばらしいチックのピアノも変幻自在だが、スタンリーのベースも変幻自在
ベースでこんなこともできるんだという驚きの連続!!

音はとてもクリアーです。
きっと超高周波が出ていたのだと思います。
よかったと思うようなコンサートの時には終わると、目がよくなったように感じたりするのは、この高周波の動きもあるようです。この辺は勉強しなければいけませんが。

さて演奏曲目ですが判った曲だけですが
枯れ葉、ワルツフォーデイビー、チュルドレンズソングNo1.2.3.4.?.?、ここでチックの奥さんのゲイル・モランが登場してラ・フェスタ、そしてアンコール、ハピ・バスデー・ツーユーをチックのために全員で合唱、Some Day My Prince Will Comeゲイル・ラモンの歌を聴いていると「いつか王子様が」では無くSome Day My Prince Will Comeという雰囲気がぴったりでした。
そして最後は当然のごとく”スペイン”ここでチックはしてくれました。
2006年の東京ジャズでトロンハイムオーケストラの時に行った聴衆との掛け合いのスペインをしてくれました。
チックがピアノで音のアップダウンを弾いて、指で聴衆にアップとダウンの指示をして会場が合唱をして最高に盛り上がりました。

やっぱりスペインが無ければコンサートは終了しません。

Mcも楽しそうでした、以前と比べると少しは聞き取れましたがまだまだ判りません。
雰囲気と一部の単語だけでしたが伝わってきます。

ステージの両脇に客席の雰囲気を録音するようにマイクがたっていました。
今回、演奏もすばらしかったのですが、会場もすばらしかったと思います。
この音源がCDになってくれれば良いのですが。

DSCF2946.jpg
コンサート開演を待っているとブルーノート東京の車が駐車場に止まりました。

続きを読む

”スプリングコンサート”は”春”

チック・コリア&ゲイリー・バートンの放送は、”FMスプリングコンサート”でした。
この放送のデータは、前にアップしていますが、やっぱり写真が不自然だったため、デザインを全面的に変えました。

録音は1981年2月17日に行われていますので、写真はすべて2月に撮影したものを使いました。
やっぱりこの方が落ち着きます。
自分でも、前回使った秋の写真は”スプリングコンサート”となっているので何となく違和感があったのですが、やっぱり直してみることにしました。

それにしてもCDのデザインは難しいものです。

チック&ゲイリー1


500チック&ゲイリー2


500チック&ゲイリー3


やっぱりこの方が良い感じ!

続きを読む

1981年のチック・コリア&ゲーリーバートン・ディオ・コンサート

久しぶりに、CDを作成、やっぱり時間がかかるのは、デジタル変換後です。
デジタル変換は、音量を設定すれば後は機械任せですから。

今回の録音データは
1981年3月8日 21:05~22:30 NHK-FM 放送
FMスペシャル・FMスプリングコンサート
チック・コリア&ゲーリーバートン・ディオ・コンサート
Chick Corea & Gary Burton Duo Concert

MCは岩波洋三
です。
今回初めて、Mc部分の文字興しをしてみました。
内容は大変参考になるのですが、疲れます。
一太郎についていた、ドラゴンスピーチでチャレンジしていますが、このソフトの学習機能があるのかどうか、あれば学習を早くして欲しいものです。

一太郎2013 玄 スーパープレミアム バージョンアップ版

今回の放送は「2月17日に東京郵便貯金ホールで行われましたチックコリア&ゲイリーバートン ディオコンサートの演奏をPCM方式の録音と再生によってお届けします。」
と当時はデジタルで録音したと言うことをことさら強調しています。
確かに分離のいいクリアーな音で録音されています。
「チックは終始アコースティックピアノ弾き、ゲイリーはマリンバの技法も使って4本のマレットを駆使したパーカッション的なプレイを聞かせます。・・・・・・・・・
さてこの夜、チックとゲイリーはいかにもジャズメンらしい大変ラフな服装でステージに現れ会場にリラックスした雰囲気を作ってくれました。
ゲイリーは陽気に動き回り4本のマレットを完璧なテクニックで使いこなしていたのが大変印象的でした。
彼はモーターの回転によるバイブレーション効果用いないで大変澄んだクリアーな音でバイブを打楽器としても見事に生かし切っていました。」
と二人の服装、演奏について等、会場の雰囲気を伝えてくれています。

Children's Songは、ゆったりした気分になります。
アンコールのLa Fiesta、いつ聞いてもいい曲です。

演奏時間が長く、ぎりぎり1枚のCDに納めました。

M13204ChickGary1.jpg



M13204ChickGary2.jpg



M13204ChickGary3.jpg

101 Mc岩波洋三 2:09
102 Bud Powell 8:52
103 Mc:Chick Corea 0:59
104 Children's Song No1 1:42
105 Children's Song No2 0:47
106 Children's Song No15 1:10
107 Children's Song No9 1:19
108 Children's Song No10 1:32
109 Children's Song No11 0:46
110 Children's Song No6 2:07
111 Senor Mouse 11:45
112 Mc:岩波洋三 3:14
113 I'm Your Pal(Gary Burton solo) 7:42
114 空-何もなしのためカット 0:18
115 Mc 0:50
116 Isfahan (Chick Corea solo) 11:49
117 Crystal Silence 12:15
118 Mc:岩波洋三 1:45
119 La Fiesta 13:12
120 Mc:岩波洋三 0:32
121 ニュース

放送の後にニュースがあったのですが、この日具志堅用高がはじめて負けた日だそうです。

Mc、ニュースを起こしてみたものは”続きを読む”で見られます。

チック・コリア&ゲイリー・バートン/カーラ・ブレイ&スティーヴ・スワロウ「フェイマス・ジャズ・デュエット」 [DVD]チック・コリア&ゲイリー・バートン/カーラ・ブレイ&スティーヴ・スワロウ「フェイマス・ジャズ・デュエット」 [DVD]
(2001/11/01)
チック・コリア、ゲイリー・バートン 他

商品詳細を見る

チック・コリア&ゲイリー・バートンは、同じ日の音源のようです。


続きを読む

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。