スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の吉田拓郎

吉田拓郎についての放送をCDにやっと出来ました。
前にも書きましたがもう録音して3年になるのですね。
いつも気にかけていたのですが、10時間分を編集するとなるとかなりの決意が必要となります。
今回作るきっかけになったのは、新譜「午後の天気」が発売されると言うことを知ったことと、ツアーがあると言うことを知ったからです。
前回の放送は、前作「午前中に・・・」の発売直後の放送のようです。
今気づいたのですが「2007.5.5・・・」とありますが正しくは「2009.5.5・・・」です。
しばらく前に作ったのに、今までこの間違いに気づきませんでした。
早速訂正!

今回の写真、CDケースの表と裏の写真が気に入っています。
日常のかなりありふれたの庭の写真ですが、カーテン越しに見ると日常の中の非日常の感じが出ていて好きです。
今回のCDもタイトルからして、ごくありふれた日常を歌っているのだけれども、何かがあるという感じがします。
同じアーテイストのを6枚というのはかなりきつい作業です。
自分に対する課題は、CDの上下の部分を除いて半分の面に文字を入れないと言うことを課題にしてみました。
その答えは聴いている人がそれぞれ感じれば良いのだと思って聴いています。



吉田拓郎ジャケット表_convert_20120810092630
吉田拓郎ジャケット裏_convert_20120810092705

吉田拓郎6-1_convert_20120810182304
吉田拓郎6-2_convert_20120810182323
吉田拓郎6-3_convert_20120810182344
吉田拓郎6-4_convert_20120810182405
吉田拓郎6-5_convert_20120810182433
吉田拓郎6-6_convert_20120810182453


6-1
1001 Mcプラス:「今日までそして明日から」 吉田拓郎
1003 「早送りのビデオ」 吉田拓郎
1005 「襟裳岬」 吉田拓郎 [ライヴ音源: 吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 1975]
1007 「旅の宿」 吉田拓郎
1009 「ガンバラナイけどいいでしょう」 吉田拓郎
1011 「決断の時」 吉田拓郎NHK時代劇のテーマ
1013 「フキの唄」 吉田拓郎
1015 「真夜中のタクシー」 吉田拓郎
1017 「ウィンブルドンの夢」 吉田拓郎
1019 「イメージの詩」 吉田拓郎
1021 「結婚しようよ」 吉田拓郎
1023 「春だったね」 吉田拓郎
1024 「伽草子」 吉田拓郎
1025 「人生を語らず」 吉田拓郎
2002 「明日に向って走れ」 吉田拓郎

6-2
2005 「たどり着いたらいつも雨降り」 吉田拓郎
2006 「夏休み」 吉田拓郎 [ライヴ音源: 吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 1975]
2008 「あなたを送る日」 吉田拓郎
2010 「春を待つ手紙」 吉田拓郎
2012 「街へ」 吉田拓郎
2013 「元気です」 吉田拓郎
2015 「マラソン」 吉田拓郎
2017 「7月26日未明」 吉田拓郎
2018 「誕生日」 吉田拓郎
2020 「KAHALA」 吉田拓郎
2021 「風になりたい」 吉田拓郎
2023 「季節の花」 吉田拓郎
2025 「ロンリー・ストリート・キャフェ」 吉田拓郎
2027 「たえなる時に」 吉田拓郎
2028 「吉田町の唄」 吉田拓郎
2030 「落陽」 吉田拓郎 [ライヴ音源:

6-3
2032 「君のスピードで」 吉田拓郎
3002 「我が良き友よ」 吉田拓郎
3003 「全部だきしめて」 吉田拓郎
3005 「Fの気持ち」 吉田拓郎
3007 「ともだち」 吉田拓郎 [ライヴ音源:オン・ステージ]
3009 「準ちゃんが吉田拓郎に与えた多大なる影響」 吉田拓郎 [ライヴ音源:オン・ステージ第二集]
3011 「ひらひら」 吉田拓郎 [ライヴ音源:LIVE’73]
3012 「落陽」 吉田拓郎 [ライヴ音源:LIVE’73]
3014 「人間なんて」 吉田拓郎 [ライヴ音源:コンプリート拓郎ツアー 1979]
3016 「王様達のハイキング」 吉田拓郎 [ライヴ音源:王様達のハイキング・イン・武道館]

6-4
3020 「いくつになってもHappy Birthday」 吉田拓郎
3022 「サマータイム・ブルースが聴こえる」 吉田拓郎 [ライヴ音源:豊かなる一日]
3024 「ペニーレインでバーボン」 吉田拓郎 [ライヴ音源:吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 2006]
3025 「永遠の嘘をついてくれ」 吉田拓郎 [ライヴ音源:吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 2006]
5002 「大阪行きは何番ホーム」 吉田拓郎
5004 「アジアの片隅で」 吉田拓郎
5006 「歩こうね」 吉田拓郎
5008 「制服」 吉田拓郎
5010 「祭りのあと」 吉田拓郎
5012 「唇をかみしめて」 吉田拓郎
5014 「どうしてこんなに悲しいんだろう」 吉田拓郎
5016 「永遠の嘘をついてくれ」 吉田拓郎

6-5
4001 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ
4002 「フキの唄」 吉田拓郎
4003 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4004 「やせっぽちのブルース」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4005 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4006 「兄ちゃんが赤くなった」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4007 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4008 「こうき心」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4009 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4010 「今は恋とは言わない」 吉田拓郎
4011 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4012 「ある雨の日の情景」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4013 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4014 「花嫁になる君に」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4015 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4016 「どうしてこんなに悲しいんだろう」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4017 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4018 「リンゴ」 吉田拓郎
4019 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4020 「馬」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]

6-6
4022 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4023 「加川良の手紙」 吉田拓郎
4024 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4025 「ガラスの言葉」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4026 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4027 「マークII」 吉田拓郎 [坂崎幸之助さんリクエスト]
4028 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4029 「あゝ青春」 吉田拓郎
4030 「ビートルズが教えてくれた」 吉田拓郎
4031 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4032 「早送りのビデオ」 吉田拓郎
4033 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4034 「シンシア」 吉田拓郎
4035 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ、坂崎幸之助
4036 「外は白い雪の夜」 吉田拓郎
4037 「三軒目の店ごと」 吉田拓郎 [ライヴ音源:吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 1975]
4038 Mc:田家秀樹、黒崎めぐみ


午後の天気午後の天気
(2012/06/20)
吉田拓郎

商品詳細を見る


午前中に・・・午前中に・・・
(2009/04/15)
吉田拓郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

永遠の嘘をついてくれ 吉田拓郎&中島みゆき

2007年5月5日の放送された音源の整理が出来ました。
今気に入っているのが、4枚目のCDです。
吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 2006の音源の「永遠の嘘をついてくれ」をさっきからしつこく聴いています。
このバージョンは、中島みゆきが突然現れて颯爽と去って行くというものです。

間奏のギター、サックスがとてもかっこよく鳴っています。
この演奏は、DVDから音源のみを録って放送したもののようですが、映像がないといろんな音が聞こえてきます。
聴けば聴くほど、新しい発見があります。

中島みゆきの詩もかっこよく響いています。

この日の放送では、2回流されています。
それぞれ良さがありますが、やっぱり 中島みゆき との方を聴いてしまいます。

拓郎6-4_convert_20120709003612


3020 「いくつになってもHappy Birthday」 吉田拓郎
3022 「サマータイム・ブルースが聴こえる」 吉田拓郎
      [ライヴ音源:豊かなる一日]
3024 「ペニーレインでバーボン」 吉田拓郎 [ライヴ音源:
      吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 2006]
3025 「永遠の嘘をついてくれ」 吉田拓郎 [ライヴ音源:
      吉田拓郎・かぐや姫 コンサート イン つま恋 2006]

5002 「大阪行きは何番ホーム」 吉田拓郎
5004 「アジアの片隅で」 吉田拓郎
5006 「歩こうね」 吉田拓郎
5008 「制服」 吉田拓郎
5010 「祭りのあと」 吉田拓郎
5012 「唇をかみしめて」 吉田拓郎
5014 「どうしてこんなに悲しいんだろう」 吉田拓郎
5016 「永遠の嘘をついてくれ」 吉田拓郎


3年前の音源整理

5月5日に放送になった「今日は1日吉田拓郎三昧」という放送のCD作りをしています。
2010年の放送と思っていましたが、2009年の放送でした。
録音をしてなんと3年間もほっぽっていたことになります。

この音源の整理は、いつも心のどこかに引っかかっていました。
それにしても、今回整理をするまでは2010年の放送と思い込んでいました。
どっかで勝手に1年を都合よく解釈していたようです。

今回やってやろうと言うことになったのは、FMで新譜(午後の天気)が発売になると言うことを聴いて、
おまけに、ツアーもするとゆうことを聴いたからです。

ツアー中止から3年、体調は万全となったのでしょうか?

この情報を聴いて、全10時間の放送を再度聞き直してCDに録音するところまではこぎ着けました。
久しぶりに夜更かしをして曲のカットを完成させました。(Mcは全て聞き、時間の関係で曲は飛ばしてー曲を聴いていると感情が入りすぎて先に進めません)
それにしてもいつもながら便利になったものです。
Mcと曲を分割しながら、エクセルで時間を計算しCDへ入る時間がわかるのですから。
今回の方針としては、Mcは完全カットと考えていたのですが、夜7時からの坂崎幸之助を迎えた部分のみは完全に残すこととしました。
さすがミュージシャン、放送中もギターでバックミュージックを流してくれたり、ギターの演奏方法や、曲の聞き所の解説があり、しかもテンポがとても良く、これを入れないと言うことは考えられません。

その様にして現在のテクノロジー?を駆使しても、CDに焼き付けるまでに1時間超かかってしまいました。
予定通りに6枚のCDになりました。
現在は、ジャケット関係がまだ出来ておらず完全ホワイトアルバムの状態です。
新譜も手に入れなければいけないし、CDも早く完成させたいし
忙しくなります。


午後の天気午後の天気
(2012/06/20)
吉田拓郎

商品詳細を見る


こんなのも歌に

久しぶりに、吉田拓郎のCDを買ってきました。
たまに、昔のCDを聞いたり、図書館から借りてきて聞いたりしていましたが、
新譜(? だいぶたっているな!)を聞いてみたくなりました。

それにしても、コンサート中止と言うニュースには驚きました。
今回のコンサートのチケットが手に入らず、
そのうち、最後と言いつつ、どこかでまたコンサートをするだろうから
と勝手に楽しみにしていたのに、
早く体調を直して、活動して欲しいものです。

ガンバラナクテモいいですから、
無理せず活動をしてください。


このCDでは、今のところ「フキの唄」「真夜中のタクシー」にはまっています。

「フキの唄」
こんなのが唄になるんだ、という感じです。
フキは、毎日食べても良いとは思いませんが、好きです。
でも、葉の部分も食べられるとは思いませんでした。
子供の頃、フキに料理?の手伝いをさせられたとき、
葉っぱは捨てて、クキの皮もむいていました。
葉っぱを食べるなどと言うことは考えたこともありませんでした。
人生を語っています。
フキを好きだなんて人は、あまりいないかもしてないけど、
自分は好きだから、毎日でも食べたい、
簡単に手に入るものだけれども、フキのことをみんなはあまり知らない
だけど、自分は好きだからいろいろ知っている。
なんか、ガンバラナクテモ良いから、好きなことを無理せずやっていこうよと
言われているみたいです。


「真夜中のタクシー」
そうですね、
街は、東京だけでなく変わってきています。
時代と共に変わるのは本当は良いことなのかもしれませんが、
今の変わり様は、人間味に欠けています。
人間が生きていくのが楽しいように変わるのではなく、
経済優先で変わっているように感じています。
街が変わっていくというのは、
本当はワクワクするものなのでしょうが、
ワクワクせず、
寂しい気持ちになってしまします。

そしてこの新しい光景は、いつまで続くのだろうかと思います。
人がいて、自然があって、街があって
そんな空間を、人は壊しているのでしょうか?



午前中に・・・午前中に・・・
(2009/04/15)
吉田拓郎

商品詳細を見る


1. ガンバラナイけどいいでしょう
2. 歩こうね
3. フキの唄
4. 真夜中のタクシー
5. 季節の花
6. 今は恋とは言わない
7. ウィンブルドンの夢
8. 早送りのビデオ る
9. Fの気持ち
10. あなたを送る日

ビートルズが教えてくれた

久しぶりに、”たくろう”を聴いた。
ここ何年間か、まじめに聞いていなかったのに違和感がない。
やっぱり相性って有るのだろうか?

今夜は、岡本おさみ「ビートルズが教えてくれた」
を読みながら寝ようかと思っています。

きっと、人間は、何かに夢中になっていけないのでしょう。
そしてその答えがわかるのは、後世の人なのかもしれません。

良い歌、味のある歌が
いつまでもあればいいのに・・・・・


そして、下にあるように、この本が手に入るらしいのも
驚きと共に、喜びです。

ビートルズが教えてくれた―岡本おさみ作品集と彼の仲間たちとの対談 (1973年)ビートルズが教えてくれた―岡本おさみ作品集と彼の仲間たちとの対談 (1973年)
(1973)
岡本 おさみ

商品詳細を見る

プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。