1974年のMy Dear Life 里帰りしたピアニスト 菊地雅章を迎えて

「サダオ旧友に会う」は、多分最初の1曲くらい録音できずに途中からの録音と思われます。
が、今回はびっちり演奏のみです。
音楽以外は、Mcの伊武雅刀の「Now's The Timeでした。」という2秒のみです。
曲の頭も、曲紹介の後すぐテープを回している雰囲気が伝わってくるというスリリングなものです。
当時はこんな風に緊張感を持って録音していたものです。
何せ番組は1時間、テープは45分ですから、Cm、Mc をどれだけカットするかがということです。

M17356A.jpg
里帰りしたピアニスト菊地雅章を迎えて
1974年8月10日 0:00~1:00 FM東京
菊地雅章(p)、Juini Booth(b)、Eric Gravatt(ds)、渡辺貞夫(as,fl)
曲目は
1.Just Friends
2.Now's The Time
3.I Thought About You
4.Scrapple from the Apple
の4曲、最後の”Scrapple from the Apple”は頭の部分が急にテープを回したScrapple音、終わりはテープが無くなって終わるScrappleと、テープまで演奏に見方をしていました。
M17356B.jpg


スポンサーサイト

mp3をwavへ



マイ・ディア・ライフの2枚目のCDの作成過程でとんでもないことに気づきました。
なんと、録音形式が”mp3”だったのです。
幸いにもこのソフトで作ったCDはまだ「サダオ旧友に会う」のみでしたので、録音をし直しました。
CDに焼き付ける際は”WAV”形式になっているので、CDになってしまうとこのミスが発見できなくなってしまいます。
”Roxio Creator NXT 5”は初期設定で”mp3”になっているようです。
録音は、”Sound Editor”でしているのですが、録音時の保存形式が初期設定”mp3”とは知らずに録音していました。

先日完成させていた「サダオ旧友に会う」は”mp3”で録音したものを”wav”形式でCDを作成していたと言うことになります。
CDの保存形式がwavだからといって決して圧縮された音が元に戻るわけでは無いので再度録音し直したというわけです。

再生された音を聞くとやはり違います。写真で言うと質感のある写真とそうで無い写真という感じの違いです。
音に丸みのあり、つやがある感じの音が、丸みがある、と感じるくらいの違いだと思います。
意識して聞かなければわからない違いなのだと思います。
音の劣化はどうしても防げないものだと思います。
生演奏>プロ用のアナログ録音>放送>アナログ録音>デジタル録音
と、こんな感じになってしまうと思います。

ジャケットカバー付きのCD収納ケースが百均で

CDを作成していると、例えば東京ジャズのCDを作成していると少なくともだいたい6枚くらいになる。
これはセットで保存しておきたいのです。
ケースは、4枚、6枚、10枚収納のケースは家電量販店、アマゾンなどに揃っているのですが、
問題は通常のCDケースと同じサイズのものが無かったり、10枚収納のものなどは大抵一回りくらい大きいサイズのようです。
これだと、棚に収納したときに出っ張ったり、棚に入らなかったり、入っても取り出しにくかったりします。

また、ジャケットも作っているので、ジャケットが内部に収納できないと言うことは、
何らかの方法で外側に貼り付けることになるます。
これがなかなか大変です。以前ボンドメーカーに問い合わせたときの回答では、”プラスチックと紙を貼り付けることは大変難しいというかできない”と言うことでした。(数年前のことなので今はどうか知りませんが、でもその様な接着剤は見かけたことはありません。)
、「KOKUYOのPritt」が一番良いようなのですが、これもちょっと時間が経つと剥がれてくる、結局両面テープで貼り付けるということになってしまいます。

以前は、6枚組の収納ケースに”ジャケットカバー”がついていたのでそこに挟み込んで便利だったのですが、最近はこの手のものはありません。
構造上、中に何枚かCDホルダーがついていて最後の2枚は外ケースに収納する関係で中央部分がでこぼこです。
ここにのり付けするのは余り好きではありません。何せのり付けするとその部分はへっこみます。まあのり付けは現実問題としてできないので関係ないかもしれませんが。

ところが何気なく「DAISO」で10枚収納のケースと買ってきたらなんと”ジャケットカバー付き”ではありませんか。
しかも当然108円です。

このサイズのもう一つ良いところは、A4のコピー用紙がそのまま収納できることです。
これは便利です。裏面にデータ等を印刷して保存しておくことができるのですから・・・・
ダイソーさん、ほかの百均の皆さん”ジャケットカバー”を他のメーカーのように外さないでください。
もし可能であれば6枚収納のケースも発売していただければと思います。

プラケース

南郷ジャズフェス2017詳細がHPに??!!!!

まだ、南郷サマージャズフェスティバル2017 の詳細がわかるはずも無いと思いながら、八戸市のHPを覗いてみたら、今年の
~Nango summer Jazz festival 2017~
の詳細が載っていました。
驚きました。今まではこの時期にはまだ出演者の発表も無かったような気がしますが、こちらがのんびりしすぎていたのでしょうか?

開催日時:2017年7月29日(土)<雨天決行>
開場 12:00
オープニング 13:00
開演 15:00
終演 20:30(予定) この時間で終わらないと思います。早くて21時頃と思います。

出演者とタイムテーブル
オープニング 13:00 西園小学校&中沢中学校&デビットマシューズwith八戸ジャズ楽団&スウィングベリージャズオーケストラ

第1部     15:00  類家心平 sextet
              (類家心平(trumpet)、門田"JAW"晃介(sax)、中嶋錠二(piano,keyboard)、井上銘(guitar)、鉄井孝司(bass)、吉岡大輔(drum))

第2部     16:00  紗理 quartet
              (紗理(Vocal)、成田祐一(Piano)、中林薫平(Bass)、河村亮(Drums))

第3部     17:30  熱帯JAZZ楽団
              (カルロス菅野(Perc)、森村献(pf)、高橋ゲタ夫(Bass)、平川象士(Dr)、美座良彦(Timb)、岡本健太(Conga)、佐々木史郎(Tp)、鈴木正則(Tp)、奥村晶(Tp)、松島啓之(Tp)、中路英明(Tb)、青木タイセイ(Tb)、西田幹(B.Tb)、竹野昌邦(A.Sax)、藤陵雅裕(A.Sax)、安川信彦(T.Sax)、スティーブ・サックス(B.Sax))

第4部     19:30  渡辺貞夫 Group2017
              (渡辺貞夫(Alto,Saxophone)、小野塚晃(Piano,Keyboard)、養父貴(Guitar)、コモブチキイチロウ(Bass)、竹村一哲(Drums)、ンジャセ・ニャン(Percussion))

と言う豪華な顔ぶれです。
今年も勿論行かなければ、後は雨が降らないことを祈るばかりです。

サダオ旧友に会う 1974年7月27日

久しぶりのMy Dear LifeのCDとなります。
そしてRoxio Creator NXT 5での初めてのCDと言うことになります。
この間、エアチェックの不安定な音の録音、このショックから早く回復するためにも。
心機一転と言う感じです。
これで、だいぶ時間が経ってしまいましたがCD作成の新年を迎えられればと思っています。

今回のメンバーは、タイトルにあるように”八城一夫(p),渡辺貞夫as,fl),鈴木勲(b),守新治(ds)”と言う懐かしいメンバーとの演奏です。
演奏の間の打ち合わせ(3.スタジオ風景)で「MoriSadaOmaYashi」との言葉まで飛び出していました。

MoriSadaOmaYashi1.jpg
このときは、伊武雅刀がMcだったのですね。
2.How Deep Is The Ocean等は、波の音がかすかに→伊武雅刀の曲紹介→演奏
と言うような感じで楽しい演奏が続きます。

1.Like Someone In Love
2.How Deep Is The Ocean
3.スタジオ風景
4.Bud's Blues
5.The Fall Of Love
6.Ending

MoriSadaOmaYashi2.jpg
八城一夫(p),渡辺貞夫as,fl),鈴木勲(b),守新治(ds)

MoriSadaOmaYashi3.jpg

今回は、Cmも楽しく聞けたのでほぼそのままCDに入れました。
右の数字は(分:秒)です。

Cm:MG5シャンプー      2:20
ーこのCmの”4.Bud's Blues”と”5.The Fall Of Love”の演奏の間に入っていたので後ろにしています。
Cm:クレイモア         0:24
ーいそのてるヲさんが、バックに軽快なピアノの音「音楽はもっぱらジャズ、スコッチはいつもクレイモアです。」というのがたまらない。
Cm:パイオニア プロジェクト4 0:20
Cm:FMレコパル創刊号      0:22
ーこの時期に創刊になったのですね。確かFMファン、週間FM、それとこのFMレコパルがあったはずです。
Cm:ヤマギワヤマピット     0:08
Cm:トリオ              0:11
時報                 0:04
Cm:さくらカラー          1:00
ワールド・ファンタジー 宮臣敦子 2:00
ーこれは番組タイトル、午前1時次の番組になってしまいました。
ジェット機の音がして、いかにも航空会社がと思うのですが、なぜか小西六のCmが流れています。
Do It Again  (Deodato)  1:52
この、Deodatoのかっこいい曲が流れている途中でテープが無くなりフニャと終わります。


プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ