スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定禅寺のジャズフェスが終わって早1週間

定禅寺のジャズフェスが終わってほぼ一週間が経ってしまいました。
二日目は、1日目と違いのんびりいろいろと回ってきました。
と言っても、やっぱり好きなジャズ系を中心にしたり、知り合いが出ているところに行ったりという感じです。
まあ、1日目は演奏の質を期待して
2日目は音楽を楽しんで
と言うような感じでちょっと比重が変わっ他のかなと思っています。
楽しむことに変わりはないのですが・・・・・

久しぶりに「南浦和ブルースマーケット(MBM)」を聴いてきました。
最初から終わりまで聴いてきました。
彼らのステージは見たかったのですが、相変わらずお客さんが大勢いて視界に入る範囲を確保することはできませんでした。
相変わらず元気な歌声を響かせていましたが、客席のなかを動き回るというアクションは今回なかったようです。
チラリとしか見えていないので、もしかしたらあったかもしれませんが。
16年連続出演のなせる技か、時間前に終了。司会が”ありがとうございました”
すかさずお客さんが”アンコール”
司会が”それではアンコール”と言う感じでアンコール?曲を演奏。
ボーカルが、時間前に一応終わらせてアンコールにしたことをネタばらし。
さすが「南浦和ブルースマーケット(MBM)」

この日は、ゴスペルも聴いたのですが、どうしてゴスペルはカラオケで歌うのかと最近思っています。
あれだけ人数がいるのだから誰かピアノを弾くとか出来ないものなのだろうか
カラオケの音量をもっと低くできないのだろうか、確かにカラオケは素晴らしい演奏家もしれないけれども
コーラスとカラオケの競争を聴きに来ている訳ではないのだから

和太鼓に今年も行ってきました。
昨年よりもリラックスして聴けました。
少しは経験を積んだので、聴き方の初歩ぐらいになってきているのかもしれません。

そしてフィナーレ(個人的には)第27回 Sunday Sunset Selection でいつもより早めの19時頃終了としました。
アロルド ・ ロペス・ ヌッサトリオと fox capture plan
の2グループです。
アロルド ・ ロペス・ ヌッサトリオは前日も聴いているので復習のような感じです。
今回はいつも通り、録音、写真撮影OKなのでそれなりに楽しんできました。
もっとも、録音に良い場所や、写真撮影に良い場所が取れるわけは無く。
かなり自己満足的なものになっているのだと思います。
音の方はどうなっているのかまだチェックしていたいのでわかりませんが・・
まあそんなものでしょう。

読書も良いですが、秋の夜長にこれらの整理と良いですね。

スポンサーサイト

1日目終了

定禅寺のジャズフェス、1日目が終了しました。
昨日の前夜祭「Yvan Knorst(g),Sebastien Charlier(ハーモニカ)」ジプシーミュージックのようなものかと思っていたのですが、見事に予想を裏切られました。なんとなく中近東のにおいのする演奏でした。
残念だったのは、デオで演奏するのはLiveのみでCDは無いと言うことでした。非常に楽しかったコンサートだっただけに二人の演奏が同時に聴けるソフトがないのが残念です。

そして今日、いつものピノキオバンド相変わらずの素晴らしい演奏、今年はメディアテークで、ここでの演奏は何回目だろうか?
この会場は、入れ替わりが少ない、前の演奏が終わっても帰る人が余りいないので良い席を確保するのが大変です。
それでも、今年も最後まで聴くことができました。

驚いたのがアスパラダイスオーケストラの演奏、今年で2回目の出演、昨年は西公園だったのが、今年は実質メインと言っても良い円形公園、それだけでも驚いているのに、なんと今日は、アンコールをしてしまいました。勿論実行委員会のOKを得てです。
昨年よりも数段実力を付けてきたと思います。
恐るべし、アスパラダイスオーケストラです。

アスパラダイスオーケストラの演奏中に「アロルド・ロペス・ヌッサ・トリオ&ジャズフォー東北スペシャルセッション」のコンサートが始まっています。
アスパラダイスオーケストラの演奏を全て(勿論アンコールも)聴いてからコンサート会場へ、ジャズフォー東北スペシャルセッションの演奏(勿論すでに演奏は始まっていて途中からです。)は、円形公園とは別物雰囲気がまるで違います。
だから、ジャズフェスの日にはこの様なコンサートは嫌なのだと思いつつも時間を掛けて聞く体制に、
そしていよいよ、アロルド・ロペス・ヌッサ・トリオ 東京ジャズの演奏で聞き覚えのある曲が流れてきました。
兄弟連弾も見れたし、ベースのワデの素晴らしい歌声と演奏、
アンコールがまた素晴らしかった、と言うか今晩しか聴けない演奏、本当に「アロルド・ロペス・ヌッサ・トリオ&ジャズフォー東北スペシャルセッション」両グループが一堂に会しての演奏です。
こんな贅沢な演奏はそうそう聞けるものでは無いと思います。ドラブ2台、エレキベース、アコーステックベース、サックス、ピアノはさすがに一台ですが連弾、そしてボーカルという編成。
楽しかったけれども、ジャズフェスでない日に聞きたいというのが本音です。
アロルド・ロペス・ヌッサ・トリオは明日の夜、市民広場でも聞けるので行ってみようと。

アンテナ問題 東京ジャズの放送が・・

正月の録音から、どうも録音が変なのです。
原因は、電波の受信の問題です。
ケーブルテレビの回線を使った受信をしているのでそれが原因と思われます。
これは手の施しようがありません。
自力で受信をしようと、ジャンクショップでT字アンテナを手に入れいろいろ試していました。
がチューナー側の端子がねじ式の75Ωだけ、T字アンテナha300Ω
どうすれば良いのだ。
いろいろ昨晩から試してみたのですが(もっと余裕を持ってやれば良いのですが切羽詰まっています。放送まで2時間ありません)
最終的には、抵抗値などは無視してT字アンテナを繋ぐことにしました。
多分大丈夫な電波状態だと思います。
ここまで来たらこれが最高と思うことにします。

京都のコミニテイ放送「FM79.7MHz 京都三条ラジオカフェ」にアンテナについての説明がありました。
参考にさせていただきました。

定禅寺ジャズフェステバルのプログラム配布が始まったようです

今朝、定禅寺ジャズフェステバルのHPを見ていたら、プログラム(正式には、第27回 パンフレット入荷&配布開始と言うようです)ができ、配布が始まったようです。
今日、メディアテークに行く用事があったので探していたら入り口のパンフレット置き場にありました。

ところで、「Sunday Sunset Selection」 プログラムによれば、HPの
17:20-18:00 シークレットアーティスト”のところが”17:20-18:00 アロルド・ロペス・ヌッサトリオ”となっていました。
と言うことで、下記のようになるわけです。
昨年の東京ジャズの音源もう聞き直さねば!

9/10(日)17:20~18:50
場所:勾当台公園市民広場
    出演アーティスト
17:20-18:00 アロルド・ロペス・ヌッサトリオ
18:10-18:50 fox capture plan

となります。
これは聞きにいかなければ

アロルド・ロペス・ヌッサTrioが定禅寺ジャズフェスに???

アロルド・ロペス・ヌッサTrioのコンサートのチラシが先日新聞の折り込み入っていました。
9月9日17時30分開演 東京エレクトロンホール宮城大ホールで行われます。
問題は、当日は定禅寺ジャズフェスの初日この時間はまだストリートで演奏をしている時間どうしようか迷っています。
聴きたいバンドもあるし。

2016年の東京ジャズにも出演しています。

毎年思うのですが、この期間のジャズのコンサートはいろいろ考えて欲しいと思います。

ところで勝手な思い込みですが、定禅寺のジャズフェスのHP
「Sunday Sunset Selection」のところに

9/10(日)17:20~18:50
場所:勾当台公園市民広場
    出演アーティスト
17:20-18:00 シークレットアーティスト
18:10-18:50 fox capture plan
とあります。
シークレットアーティスト=アロルド・ロペス・ヌッサTrio
だったら素敵なんだけれども。
fox capture plan も東京ジャズに出ていたななどと思っています。
この2グループの音を聞き直してみます。



プロフィール

つうきんのとも

Author:つうきんのとも
mCDdesigner
主に、過去のアナログ音源をCDにしています。
最近は、ライブなどのCDも作っています。

フリーエリア

ブログ内検索

FC2ブログランキング

一押しお願いします!

FC2カウンター

カテゴリー

Amazon人気商品

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。